Home / Report / 2017世界選手権祝勝会 / 「2017 世界選手権」体操ニッポン選手団 祝勝会

「2017 世界選手権」体操ニッポン選手団 祝勝会

2017年11月28日(火)、東京プリンスホテル(東京都港区)にて「2017 世界選手権」体操ニッポン選手団 祝勝会が行われた。

 

東京プリンスホテル
東京タワーに程近い東京プリンスホテルで世界選手権代表の祝勝会が行われた。

 

今年の世界選手権では白井健三(日体大)、村上茉愛(同)が金メダルと取った体操競技の他、新体操とトランポリンでもメダルを獲得しており、多くの関係者が一堂に会してその代表選手の活躍を祝した。

 

FIG会長渡辺守成氏
FIG会長の渡辺守成氏も来賓として登壇した。

 

来賓として東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の森喜朗氏やFIG会長の渡辺守成氏から祝辞が述べられた他、選手代表による鏡開きも行われた。

 

体操世界選手権代表と水鳥監督
水鳥監督と男子代表全員から結果報告が述べられた。

 

また各競技の監督及び代表選手が登壇し、大会の報告と合わせて今後の目標などを語った。トランポリンについては、2019年に日本で世界選手権が開催されることが改めて述べられた。

 

全選手による締め
3競技の代表が登壇し、祝勝会を締めた。

 

2時間に亘る祝勝会だったがあっという間に時間は過ぎ、最後に3競技の代表全員が登壇して、祝勝会を締めた。

 

内村航平囲み会見
内村が囲み会見を行い、足の怪我の回復具合と、豊田国際への出場について語った。

 

また祝勝会と並行して白井健三と内村航平(リンガーハット)の囲み会見も行われた。白井健三は、今回の豊田国際では新技発表はないが出来栄えで勝負したいと述べた。また内村は、足の怪我が思ったよりも早く回復しているものの、豊田国際への出場は慎重に考えたいとの姿勢を述べた。

 

Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。