Home / Interview / 国際ジュニア2017直後のカルロス・ユロにインタビュー

国際ジュニア2017直後のカルロス・ユロにインタビュー

2017年9月18日に横浜文化体育館(神奈川県)で行われた国際ジュニア2日目の直後に、フィリピンのカルロス・ユロ選手にお話を伺いました。種目別ゆかで2位、種目別跳馬では優勝という成績を残しています。

カルロス・ユロ選手は釘宮宗大コーチと共に日本とフィリピンの2国を行き来しながら体操に取り組んでおり、今年の全日本ジュニア選手権にも出場しています。

 

 

Interpreter:Mr. Munehiro Kugimiya

Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda

Camera、Edit:Sohta Kitazawa

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

荒屋敷響貴

復帰 ー 荒屋敷響貴

2015年の高校選抜で優勝する …