Home / 2017豊田国際 / 2017豊田国際 宮地秀享の鉄棒

2017豊田国際 宮地秀享の鉄棒

豊田国際2017で優勝した宮地秀享(茗渓クラブ)の鉄棒。

正式に「MIYACHI」の名前が付いた伸身ブレットシュナイダー(I)。この技をここまで安定してできるのは、世界的に見ても今の所、宮地本人しかいないだろう。この演技ではかかえ込みブレットシュナイダー(H)は温存しているが、4つ目のはなれ技であるコバチ(D)では高さが有り余っているようだ。

2018年の宮地の鉄棒はまだまだ発展の余地があると見ていいだろう。

 

Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

アメリカ男子体操チーム日本合宿ダイジェスト動画

2018年6月23日、市立船橋 …