Home / Interview / 復帰 ー 荒屋敷響貴

復帰 ー 荒屋敷響貴

2015年の高校選抜で優勝するなど高校時代に活躍し、その後、怪我で試合から遠のいていた荒屋敷響貴選手(順天堂大)がナショナル強化合宿に参加。これまでの経緯などを聞かせていただきました。

 

優勝した荒屋敷響貴(鯖江高校)
2015年の高校選抜で優勝した荒屋敷響貴(鯖江高校:当時)

 

(2018年2月1日 ナショナル選手強化合宿にて)

   まずは試合に出なくなってからこれまでの流れを教えてください

荒屋敷 鯖江高校3年生の全日本選手権前、鯖江高校の最後の日にゆかを蹴った時に脚を痛めて、亀裂骨折と骨挫傷になりました。
それで治るまで半年はかかるので、それなら高校1年から痛かった腰も一緒に治そうと思って順天堂病院で腰の手術を受けました。大学1年の時は試合に出られませんでしたし、何もできませんでした。練習できるようになったのは2017年の2月くらいです。
全日本のトライアル出場を目指したんですが、間に合わず、復帰まで長引きました。
それで夏のインカレを目指しました。必死でしたね。

   治療している間、体操への気持ちの変化はありましたか?

荒屋敷 怪我をして、いろんな人に迷惑をかけて、体操をやりたくない、体操場へも行きたくないと思いました。
周りの人たちも、あいつはもうダメだと多分、思ったと思うんですよ。僕が一回、高校チャンピオンになってから大学へ行って落ちたんだろうと。
それでなんか逆にそう思うと、なら見返してやろうかと思って。それでインカレに全てをかけました。その結果、今こうしてここ※にいます。

※インカレ個人総合10位 → ナショナル強化選手として強化合宿に参加

   インカレに向けての練習は、怪我をする前の練習と何か違いましたか?

荒屋敷 僕は、練習しているところを人に見られるのが好きじゃないというか、動いているところを見られるのが好きじゃないんです。周りからはサボっているとメチャクチャ思われているんで。
順天堂大学の選手はみんな強いので、怪我をしている、中途半端な状態の自分が一緒に練習していいのか?こんなに頑張っている人たちの中に入って練習していいのか?という気持ちがありました。
本当に体育館に居辛くて、居たくなくて、でも頑張りたい、気持ち的に難しかったです。

   インカレが終わった直後はどんな気持ちになりましたか?

荒屋敷 そんなに、何が変わったという訳じゃないんですけど、よかったと思いました。戻ってきたというか、体操界の中盤くらいに戻れたかなという感じがします。

   インカレ後の2017年はどうでしたか?そのまま順調にいったんでしょうか。

荒屋敷 ちょっと燃え尽きたところもあって、10月の国体前くらいに気持ちが落ちてしまって、練習量も落ちました。グダグダと過ごしていました。

   このオフシーズンはどんなことを重点的に練習していましたか?

荒屋敷 まあグダグダはしていても芯というか、信念はあったので、体操自体に磨きをかけたというか。
今までただやってた体操を、本当にすべての技に対して完璧というか美しくというか、なんだろうな、迷いのない体操というか。
体操って技一つ一つ取ってもいろんな捌き方があると思うんですけど、足割れとかつま先がきれいじゃなかったりとかは自分が目指す体操とは違うなと思うんですよ。

   自分が目指す体操とは?

荒屋敷 美しい体操、かっこいい体操、しっかりとした技術でやる体操、そういうところに磨きをかけたいです。

   今年の目標は?

荒屋敷 NHK杯に残ったことがないので、そこに残るのがまずは目標で、NHK杯に出つつ、種目別でも好成績を残してナショナルに入りたい。

   得意種目、苦手種目は?

荒屋敷 みなさん上手いので自分が得意と言っていいかわからないんですが、強いていうならあん馬。苦手なのはつり輪と鉄棒のぶら下がり系ですね。

   そうすると個人総合でポイントゲッターになるのは?

荒屋敷 ゆか、あん馬というところですかね。

   じゃあ種目別は狙っていくとしたらあん馬ですか?

荒屋敷 そうですね、はい。

   あん馬はどうですかね。去年からまた戦況が変わっていますが。

荒屋敷 強い人がいっぱいいるので、彼らに太刀打ちできるくらいD難度をあげて頑張ろうかなと思っています。

   話は変わるんですが、大久保圭太郎選手(鯖江高校→順天堂大)と出身が同じということですか?

荒屋敷 はい、実は大久保圭太郎のほうが体操は先輩なんですよ。

   えっ、先輩?

荒屋敷 元々同じ青森県の八戸の出身で、彼はおそらく3歳くらいから体操をやってるはずなんですけど、僕が小学3年くらいから体操クラブで体操を始めて、その時にはもう彼がいたんですよ。なので体操の先輩でもありますね。
で僕が始めた時からずっと一緒に育ってきて、僕が鯖江高校に行ったら彼も鯖江高校に行きたいと(笑) 追いかけてきて、僕が順天堂大に行くってことになったら彼も順天堂大に行きたいということで、ずっと同じ道を辿ってきて。メチャクチャ仲もいいと思うので、はい。

 

大久保圭太郎のつり輪
2017年インターハイにて。大久保圭太郎(鯖江高校:当時)

 

   幼馴染というのでもないのかな?友達っていう感じ?

荒屋敷 まあ、友達、なんですかね(笑)

   大久保圭太郎選手も去年くらいから成長がひしひしと伝わってきますよね。

荒屋敷 中学生で優勝した時は驚きましたね、本当に。僕が4位だったんですよ、中体連の時。それで「俺よりいい成績目指して頑張れよ」って言ったら、そうしたら1位取って。青森ではすごい人が現れたという話になって、おおすげえなあって思って。
僕が高校1年のときかな、調子良くて初めて国際試合に出させてもらったりとかしてたんですけど、それを見て圭太郎も頑張ろうって思ってくれたんですかね、わからないですけど。なのでいい具合に、切磋琢磨して頑張っていると思います。

   じゃあ今年の春からまた一緒に練習できるのが楽しみですかね。

荒屋敷 そうですね、はい。

 

荒屋敷響貴
荒屋敷響貴(ナショナルトレーニングセンターにて)

 

TEXT, Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

市船の新星 安達太一に独占インタビュー

    昨 …