Home / Report / 2018NHK杯 / 【速報】NHK杯 試合前会見&会場練習

【速報】NHK杯 試合前会見&会場練習

2018年5月18日、翌日のNHK杯を控えた東京体育館で会場練習と試合前記者会見が行われた。

 

東京体育館
間も無く東京オリンピッックに向けて改装に入る東京体育館。体操ではNHK杯が改装前の最後の大会になる。

 

会場では、日本のトップ選手達が思い思いに練習に取り組む姿が見られた。

 

鉄棒のはなれ技の調整に励む谷川翔(順天堂大)

 

内村航平の鉄棒
鉄棒のひねり技を確認する内村航平

 

白井のあん馬
白井健三(日体大)はあん馬にたっぷり時間をかけていた。

 

亀山耕平
NHK杯は個人総合のみで争われるが、亀山耕平(徳洲会)らスペシャリストも得意種目の演技を行う。

 

男子記者会見では、現在トップを走る谷川翔は「追われる立場ではあるが挑戦者の気持ちを忘れずに試合に臨みたい。世界選手権の代表に入りたい気持ちはあるが、それよりも自分のいい演技を出したい。」と語った。

また現在3位の内村航平(リンガーハット)は「NHK杯の連覇に拘らず、2位でもいいので世界選手権の代表入りを果たしたい」と代表入りへの強い意欲を見せた。

 

谷川翔会見
内村航平が完璧な演技をすれば負けるかもしれないが、自分は自分のいい演技をしたいと語る谷川翔

 

内村会見
現在の点差と全日本個人総合の得点を分析し、2位で代表入りを目指す内村航平。ポイントはあん馬と平行棒と語る。

 

畠田千愛
ゆかで4種類のターンを入れた通し練習をする畠田千愛(セントラル目黒)

 

梶田凪
平均台でアクロバットやターンなど一つ一つを丁寧にこなしていく梶田凪(山梨ジュニア/甲斐清和高校)

 

女子記者会見では、2位に3点以上の差をつけてトップを走る村上茉愛(日体大)が「まとまった演技をして代表入りを決める。点差をどれだけ開けつつきちんとした演技をできるかを目標にしたい」と語った。

 

村上茉愛
ポディウムの感覚にうまく合わせ、Eスコアを大事にして行きたいと語る村上茉愛

 

新世代として村上、寺本明日香(ミキハウス/レジックSP)らの後を追う畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原高校)は「調子がいい。世界選手権の代表に入れるようにミスなくやりたい。段違い平行棒はEスコアで8.5から8点後半を取りたい」と、初の代表入りへの意欲を見せた。

 

畠田瞳
新世代から初の代表入りを狙う畠田瞳

 

寺本明日香
「全日本よりは体調も足の調子もいい。全日本よりもEスコアを伸ばした演技をしたい」と意欲を見せた寺本明日香

 

明日はまず女子の戦いが行われる。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

記者会見

【速報】NHK杯 男子結果

2018年5月20日、各地が人 …