Home / Report / 未来への敗戦 男子跳馬 白井健三

未来への敗戦 男子跳馬 白井健三

5857

再び訪れた直接対決で白井健三(岸根高校)は敗れた。

世界選手権でその技を成功させたものは2名いる。白井と韓国のキム・ヒフンだ。この時は実施の美しさで白井が勝ったが今回は惨敗だった。

1本目に跳んだシライ/キム・ヒフンで尻もちをつくと2本目のドリッグスでも尻もちをつき13.912で10位。優勝したキム・ヒフンに1点以上の差をつけられてしまった。世界選手権で一躍有名となった白井は練習時間が減り、さらに腰痛も発症。わずかな狂いが命取りとなる体操競技において、その代償は大きかった。

そんな怒涛の1年を振り返り、「今年はゆかと跳馬でいい結果が出た一方で、個人総合でしっかり点数を取るという課題も見つかったので、来年は6種目しっかり練習していきたい」と話し、2014年へ向け気持ちを切り替えた。

TEXT:CHIHARU ABE

About chiharu

駆け出しスポーツライターとして某野球雑誌を中心に活躍中。大学時代に体操競技に携わり、それ以来、”体操愛”に目覚める。独自の人脈で”体操”に関する様々な情報を収集する。

Check Also

【速報】国際ジュニア体操競技大会

9月17日、横浜文化体育館で国 …