Home / Report / NHK杯2014 / 【速報】第53回NHK杯体操 男子公式練習・会見

【速報】第53回NHK杯体操 男子公式練習・会見

第53回NHK杯の男子公式練習・会見が6月6日代々木第一体育館で行われた。

すでに世界選手権代表の座を手にしている内村航平(KONAMI)を含めた36人の選手が、それぞれのペース配分ややり方で最後の調整に取り組んだ。

2014NHK杯公式練習:加藤凌平
公式練習で笑顔を見せる加藤凌平(順天堂大学)

一見、和気藹々としたリラックスムードを醸しだしながらも、時折見せる鋭い目線は、戦いの始まりを感じさせる公式練習だった。

2014NHK杯公式練習:武田一志
あん馬の練習をする武田一志(日本体育大学)とそれを見つめるKONAMI勢

記者会見では、持ち点2位の野々村笙吾と3位の加藤凌平(共に順天堂大学)が、共に世界選手権代表の座を第一に掲げ、難度構成を落としてでも現在の順位を死守する姿勢を見せた。

2014NHK杯試合前会見:野々村笙吾
世界選手権代表への意気込みを語る野々村笙吾(順天堂大学)

また僧帽筋の痛みを「半分、気合いで治した」内村航平は、「世界選手権でやりたい構成ができないのは悔しいが、ミスのない演技が世界選手権に繋がる」と語った。

TEXT, PHOTO : MASARU “Taroken” MAEDA

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

野々村笙吾

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.6

第53回NHK杯体操男子201 …