Home / Report / NHK杯2014 / 【速報】第53回NHK杯体操 女子

【速報】第53回NHK杯体操 女子

第53回NHK杯の女子の競技が6月7日代々木第一体育館で行われた。
4種目全般で安定した演技を見せた笹田夏美(日本体育大学)が、2位の寺本明日香に総合計1.100の点差を付けて連覇を果たすと共に、世界選手権代表の座を手にした。

2014NHK杯女子
第53回NHK杯優勝 笹田夏美、2位 寺本明日香、3位 井上和佳奈

また3位には、大きなミスを出さずに4種目を乗り切った筑波大学の井上和佳奈が滑り込み、世界選手権代表の座を初めて勝ち取った。
村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)は0.125点差で惜しくも4位となり、世界選手権代表の座を逃した。

2014NHK杯宮川紗江
ゆかと跳馬の大技でユースオリンピック代表の座を勝ち取った宮川紗江

NHK杯と兼ねて行われた第2回ユースオリンピック代表選考では、宮川紗江(セインツ体操クラブ)が代表の座に着いた。平均台での落下があったものの跳馬で15.150という今大会最高得点を出し、NHK杯でも美濃部ゆうに次ぐ7位という好結果だった。

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA, PHOTO MASAYA “Hansuke” SAKAMOTO

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。
学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。
静岡県体操協会男子3種審判資格あり。
ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

野々村笙吾

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.6

第53回NHK杯体操男子201 …