Home / Report / 第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会 / 【速報】第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会

【速報】第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会

女子NHKが終わった代々木第一体育館で、引き続き第2回ユースオリンピック男子体操日本代表選考会が行われた。

それまでトップだった荒屋敷響貴(鯖江高校)を最終種目の平行棒で逆転した湯浅賢哉(市立船橋高校)が83.050で優勝し、ユースオリンピック代表の座を勝ち取った。

2014ユースオリンピック代表選考会:湯浅賢哉
今大会で唯一、あん馬で14点台を出した湯浅賢哉

2位の荒屋敷響貴は82.650、3位の北村郁弥(池谷幸雄体操倶楽部)は82.200だった。

また加藤凌平(順天堂大学)の弟、加藤裕斗(埼玉栄高校)はゆかのミスやあん馬での落下がひびき、80.750で6位に終わった。

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA, PHOTO MASAYA “Hansuke” SAKAMOTO

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。