Home / Report / 2014試技会 / 2014/9/2 男子強化合宿試技会取材レポート

2014/9/2 男子強化合宿試技会取材レポート

9月2日、味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界選手権代表選手およびアジア大会代表選手の試技会が行われた。

20140902男子試技会
ナショナルトレーニングセンターで試技会が行われた。

試技会は世界選手権代表選手、世界選手権リザーブ選手、アジア大会代表選手の3グループがローテーションして6種目演技する形式で行われ、世界選手権代表選手は団体予選を想定し、ゆかからのスタートとなった。

山室光史ー20140902男子試技会
世界選手権代表のリザーブとして試技会で演技する山室光史

取材陣と関係者だけが見守る中、試合を想定した構成で演技し、審判による採点も行われる。
その採点は試技会と言えど手加減など微塵も感じさせず、ミスはミスとしてしっかりと減点される。

アジア大会代表選手の演技はEスコアとDスコアを公表するが、世界選手権代表選手については、ライバル国対策のためEスコアとDスコアの内訳は取材陣にも明かせないという。

長谷川智将ー20140902男子試技会
アジア大会代表として、また世界選手権リザーブとして試技会に臨む長谷川智将

そういった厳しさの反面、日本製の器具で演技するか世界戦と同じ海外製の器具で演技するかは選手の選択に任されている。それに合わせて審判団が、時には会場の端から端まで移動し、立って採点する場面もある。
また自身の演技が終わった後に他のグループの選手と笑顔で言葉を交わしたりといった、リラックスムードも時折かもし出す。

ときおり見られる和やかなムードー20140902男子試技会
試合とは違い、和やかなムードもときおり見られる。

このような試合とも練習とも異なる一種独特なムードの中、おおよそ2時間にわたって試技会が行われた。

内村航平(KONAMI)はコンディションも良く、つり輪以外で15点台をマークし6種目合計で92.600という高得点を叩き出した。
田中佑典(KONAMI)は得意の鉄棒で16.000を出し、その他の種目でも安定した演技で合計90点台に乗せた。
また亀山耕平(徳州会)は得意のあん馬で危ない場面が見られたものの、落下することなく予定の演技を通しきり、ゆか以外の5種目をこなして見せた。

田中佑典ー20140902男子試技会
ほぼ理想的と言える脚上挙十字懸垂を2度見せた田中佑典

全日本シニア選手権に向けて調子を上げる社会人と対照的だったのが、インカレの疲れが残る加藤、野々村の大学生だった。
インカレの個人総合決勝を棄権し、その後も「ほとんど練習できてない」という野々村は鉄棒で2度の落下、加藤は跳馬でロペスを失敗しかかえ込み宙返りになるなど、本調子とはほど遠い。

しかしそんなコンディションの中でも野々村が得意の平行棒で最高得点の15.500を出したり、加藤がゆかでシライ2(前方宙返り3回ひねり)を実施したりと、その力を垣間見せていた。
次回の試技会では本来の力を見せてくれることだろう。

白井健三ー20140902男子試技会
世界一のゆかにさらに磨きをかける白井健三

また唯一の高校生、白井健三は得意のゆかで16.300をマークしたのを皮切りに6種目で安定した演技を行い、鉄棒の下り技ではF難度のフェドルチェンコを実施するなど成長を見せた。

ブズナリを行う亀山耕平ー20140902男子試技会
G難度のブズナリを行う亀山耕平

試技会の終了後は各自で反省練習を行ったり、種目別用の演技構成を通すなどの時間も取られた。
亀山耕平はG難度のブズナリを入れたDスコア7.2の演技構成に取り組んでいた。
また「航平さんに教えてもらった」という白井健三は、跳馬でリー・シャオペンに取り組むなど、さらなる新技への挑戦も怠らなかった。

全日本シニア選手権後にもう一度、試技会が行われるという。次の試技会が楽しみである。

加藤凌平ー20140902男子試技会
試技会は大勢の記者団が見守る中で行われた

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

G.N.eyes

世界選手権・アジア大会 日本代 …