Home / Information / 内村、全日本種目別出場を見送り

内村、全日本種目別出場を見送り

内村航平(KONAMI)が6月20日(土)に行われる全日本種目別選手権(跳馬・平行棒・鉄棒)への出場を見送ると発表した。

今大会で世界選手権へ向けた演技構成を行う予定だったものの、前回のNHK杯で痛めた箇所のコンディション調整が十分でなく、目標の演技が難しいため、疲労回復を優先して欠場することとした。

 

右肘を気にする内村
平行棒の演技の後、右肘を気にする内村

 

内村はNHK杯の平行棒の演技で、車輪ライヘルト(懸垂前振り後方かかえ込み宙返りひねり腕支持;D)が左にずれ、受ける際に右肘周辺を痛めたような仕草をしていたが、これが欠場の原因かは明らかにされていない。

 

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュール追加

2017年(度)大会スケジュー …