Home / Report / 全日本種目別選手権2015 / 【速報】第69回全日本種目別予選2015〜女子

【速報】第69回全日本種目別予選2015〜女子

6月20日(土)に代々木第一体育館で行われた全日本種目別予選女子では、男子とは対照的に、すでに世界選手権の代表入りを決めている5人も争いに加わった。そこに世界選手権の規定年齢に達していないジュニアの選手も加わり、混戦となった。

村上茉愛の跳馬
跳馬とゆかで宮川紗江と真正面からぶつかる村上茉愛

 

跳馬は、脚力にものを言わせた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり(6.2)とユルチェンコ2回ひねり(5.8)を決めて、14.850で予選をトップ通過した。

宮川紗江と真っ向から勝負する形になる村上茉愛(日体大)はユルチェンコ2回ひねりと伸身ツカハラとび1回ひねり(5.2)で決定点14.175となり3位通過だった。

杉原愛子の段違い平行棒
段違い平行棒の演技中も、常につま先まで神経が行き届いている杉原愛子

 

段違い平行棒は美濃部ゆう(朝日生命)がほぼノーミスの14.400でトップ通過、2位が古賀ほのか(日体大)、3位が杉原愛子(梅花高校)だった。

 

湯元さくらの平均台
技だけでなく一つ一つのしぐさが湯元さくらの平均台の魅力になっている

 

平均台は、この種目で唯一の15点台である15.100をマークした湯元さくら(中京大学)がトップ通過、美濃部ゆうは14.700で2位通過となった。

宮川紗江のゆか
さらに難度の高い構成で攻めてきた宮川紗江

 

ゆかは、前方伸身宙返り1回ひねり(C)〜前方かかえ込み2回宙返り(E)とさらに難度を上げてきた宮川紗江が、村上茉愛を振り切って14.600でトップ通過を果たした。

シリバス(H)、伸身ダブル(F)、後方伸身宙返り3回ひねり(E)で攻めた村上茉愛は14.450で2位通過だった。

 

男女種目別決勝は21日(日)11:10より、代々木第一体育館にて行われる。

 

PHOTO:Sohta Kitazawa

PHOTO EDIT:MASARU “Taroken” MAEDA

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。
学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。
静岡県体操協会男子3種審判資格あり。
ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

世界選手権女子代表メンバー

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜女子

6月21日(日)に代々木第一体 …