Home / Report / 全日本種目別選手権2015 / 【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜女子

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜女子

6月21日(日)に代々木第一体育館で行われた全日本種目別決勝女子では、各種目の女王に加えて、新たな世界選手権代表メンバーが決まった。

宮川紗江の跳馬
得意の前転とび前方伸身宙返り1回半ひねりを成功させ跳馬で優勝した宮川紗江

 

跳馬は前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり(6.2)とユルチェンコ2回ひねり(5.8)を成功させた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が決定点14.925で優勝した。

2位は桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)だった。ユルチェンコ2回ひねりと伸身ツカハラ1回ひねり(5.2)で決定点14.375となった。

村上茉愛(日本体育大)は桒嶋姫子と同じ跳躍で決定点14.275。3位という結果に終わった。

寺本明日香の段違い平行棒
段違い平行棒は、自分の力を出し切った寺本明日香が優勝した

 

段違い平行棒は、NHK杯優勝者の杉原愛子(梅花高校)がバーに乗るミス、美濃部ゆう(朝日生命)が降りの前宙ダブルで尻もちとトップ選手にミスが出る中、ノーミスの安定した実施で通しきった寺本明日香(中京大/レジックスポーツ)が14.300で優勝した。

2位はシャポシニコワ(D)、マロニー(D)と移動技で魅せた古賀ほのか(日本体育大)の14.150だった。

美濃部ゆうの平均台
平均台は美濃部ゆうが2位を0.7引き離して圧巻の優勝

 

平均台は、美濃部ゆうが安定感の高い実施で他を寄せ付けず、唯一の14点台である14.650で優勝した。2位の桒嶋姫子は13.950だった。

村上茉愛のゆか
思い切った演技で優勝し維持を魅せた村上茉愛

 

ゆかはシリバス(H)、スワンダブル(F)、3回ひねり(E)という高難度の技と表現力で攻めた村上茉愛が14.450で優勝した。

宮川紗江は新しく取り入れた前方伸身宙返り1回ひねり(C)〜前宙ダブル(E)で尻もちをついてしまい5位に終わった。

世界選手権女子代表メンバー
宮川紗江が加わった世界選手権女子代表メンバー

 

世界選手権代表の残り1枠は、全日本個人総合から今回の全日本種目別までで跳馬とゆかでポイントを稼いだ宮川紗江が勝ち取った。

大会後の記者会見で宮川は、世界選手権までに跳馬の2本目をより難度の高いロンダートひねり着手の跳躍にしたいと語った。

今回の世界選手権は来年のリオデジャネイロオリンピックの出場権がかかっているため、宮川の得点力に期待がかかる。

 

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

2015年世界選手権代表メンバー

【速報】第69回全日本種目別決勝2015〜男子

6月21日(日)、昨日の予選に …