Home / Report / 第69回インカレ2015 / 【速報】第69回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ2015)

【速報】第69回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ2015)

新潟県にあるリージョンプラザ上越 インドアスタジアムで第69回全日本学生体操競技選手権大会(全日本インカレ)が行われた。
8月20日に2部団体総合選手権および個人総合選手権予選、21日に1部団体総合選手権および個人総合選手権予選が行われ、大学最強チームが決まった。

チーム点数は6−6−5制(6人が演技し、上位5名の得点)で争われた。
22日には1、2部校個人総合選手権および種目別選手権が行われる。

DSC00500

 

20日に行われた試合では2部の男女優勝校が1部昇格となるため(1部の最下位1校が降格)、男子では新潟経営大学、女子では仙台大学が1部昇格を決めた。
21日には1部の優勝校が決定するとあって、開場は多くの声援であふれた。
注目はやはり世界選手権への出場を決めている加藤凌平、野々村笙吾らを擁する順天堂大学と同じく代表入りした長谷川智将、白井健三擁する日本体育大学の勝負だろう。
そしてほとんどの4年生にとっては引退試合となるだけに、学校の威信と4年間の青春の集大成をかけた戦いの幕開けに会場の熱気は最高潮となった。

あん馬スタートとなった順天堂大学は谷川航、早坂尚人、加藤と3人が続けて落下する波乱のスタートとなったが、「そのことが逆にチームの集中力を高めた」(加藤)とミスを引きずることなく持ち味を発揮すると、後半に逆転し、チーム2年ぶり8度目の優勝を決めた(団体ベスト5 444.150)。

2年ぶりの優勝を決めた順天堂大学の6人中3人が1年生だった
2年ぶりの優勝を決めた順天堂大学は6人中3人が1年生だった

 

平行棒スタートとなった日本体育大学は、大きな演技と緊張感をも楽しんでいるような笑顔で会場も味方に付け、大歓声に包まれていた。
しかし、右足甲骨折から完全に回復していないためゆかと跳馬の演技をしなかったチームリーダー・長谷川の影響が大きく響き、2位に沈んだ(438.850)。試合後「最後のインカレだったので悔しい」と長谷川は唇をかんだが、初めてのインカレに挑んだ1年生の白井は「インカレがどういうものかが今日分かったので、来年以降に生かしたい」と前を向いた。

ケガのため万全ではなかった長谷川だが、あん馬で15.200と意地を見せた
ケガのため万全ではなかった長谷川だが、あん馬で15.200と意地を見せた

 

3位には仙台大学(427.000)、4位に鹿屋体育大学(421.700)、5位に早稲田大学(421.000)となった。鹿屋体育大学はうれし涙を見せ、応援席に手を振った。

順位を聞いた瞬間、喜びを爆発させた鹿屋体育大学の6人。チームワークは抜群だった
順位を聞いた瞬間、喜びを爆発させた鹿屋体育大学の6人。チームワークは抜群だった

 

一方の女子は安定感と地力の強さで2位に9.500の差をつけ日本体育大学が連覇を遂げた。笹田夏実は棄権したが、代わりに入った2年生の関口未来が勝るとも劣らない活躍で優勝に貢献した。

2位には寺本明日香、松村泰葉、湯元さくらを擁する中京大学(272.400)が入ったが、4年生は河合良優のみと今後まだまだ伸びしろが感じられ、日体大の強敵となっていくことを感じさせた。

寺本を中心に若いメンバーがそろう中京大学は安定感のある演技で2位。今後は優勝を狙っていく
寺本を中心に若いメンバーがそろう中京大学は安定感のある演技で2位。今後は優勝を狙っていく

 

 

3位には国士舘大学(270.950)、4位に筑波大学(263.950)、5位に大阪体育大学(253.700)だった。

22日の個人総合選手権には男子は1、2部ともに上位36名、女子は1部校30名、2部校24名が出場できる。

1部校の男女の上位は以下の通り。
男子
1位、野々村、萱和磨(ともに順天堂大学)89.750
3位 加藤(順天堂大学)89.400
4位 白井、神本雄也(ともに日本体育大学)(88.400)
女子
1位 寺本(中京大学)58.850
2位 村上茉愛(日本体育大学)57.950
3位 井上和佳奈(筑波大学)、佐藤亜希穂(日本体育大学)58.100
5位 山本夢夏(国士舘大学)56.050

 

TEXT、PHOTO : CHIHARU ABE

About chiharu

駆け出しスポーツライターとして某野球雑誌を中心に活躍中。大学時代に体操競技に携わり、それ以来、”体操愛”に目覚める。独自の人脈で”体操”に関する様々な情報を収集する。

Check Also

【速報】第69回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ2015)個人総合

第69回全日本学生体操競技選手 …