Home / Information / 日本女子、リオ五輪出場決定!

日本女子、リオ五輪出場決定!

10月23日・24日にイギリス・グラスゴーで行われた女子予選で、日本女子団体は6位となり、見事2016年リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得した。

内山由綺(スマイル体操クラブ)の左かかと負傷で代打出場となった村上茉愛が得意の跳馬でユルチェンコ2回ひねり(D5.8)を決めると、宮川紗江(セインツ体操クラブ)がチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D6.2)。

波に乗った日本体操女子は、得点源の段違い平行棒で寺本明日香(中京大)が思い通りの演技を見せると、右膝の怪我を抱えながらも杉原愛子(梅花高)が着地まで止める完璧な演技。これには坂本ヘッドコーチも仰け反って大拍手を送る。

平均台で湯元さくら(中京大)が高難度の演技を見せると、ゆかで村上茉愛が快心の出来。さらに宮川紗江がH難度を2つ入れた上に、週末技にF難度の伸身ダブルを持ってくるという世界的にも数少ない高難度の演技をミスなく決め、結果イタリアに次ぐ6位を勝ち取った。

27日に行われる団体決勝では寺本明日香と村上茉愛が全4種目に出場する見込みとなっている。

 

【村上茉愛のゆか】

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュール追加

2017年(度)大会スケジュー …