Home / Report / 2015全日本体操競技団体選手権 / 【速報】第69回全日本団体選手権大会2015 男女決勝

【速報】第69回全日本団体選手権大会2015 男女決勝

2015年11月29日(日)、第69回全日本団体選手権大会の男女決勝が東京・代々木第一体育館で行われた。

2015全日本団体
昨日の予選に引き続いて、全日本団体決勝が行われた。

 

男子は日本体育大学が5年ぶりの優勝を果たした。2位の順天堂大学とは2点の差をつけた。

神本雄也の平行棒
16.100をマークした神本雄也(日体大)の平行棒

 

3位は徳洲会体操クラブだった。コナミスポーツクラブはあん馬と平行棒での落下が響き、一度もトップに躍り出ることなく4位に終わった。

女子は日本体育大学の2連覇となった。2位は中京大学、3位に戸田市スポーツセンターが入った。

日体大がアベック優勝
アベック優勝を果たした日体大

 

この日が最後の演技となる植松鉱治(コナミスポーツクラブ)は、鉄棒で屈伸コバチ〜コバチ〜コールマンの3連続はなれ技を成功させ、下りで伸身ルドフルを決めて有終の美を飾った。

鶴見虹子(日体大)は段違い平行棒のみを演技。前方車輪の停滞で一度は下りたものの、再びバーを持つと最後までしっかりと演技をこなした。

永井美津穂
得意のゆかで有終の美を飾った永井美津穂(日体大)

 

永井美津穂(同)は段違い平行棒を除く3種目を演技した。平均台で落下があったものの、ゆかでは最終演技者として大会を締めくくった。

 

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。
学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。
静岡県体操協会男子3種審判資格あり。
ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

【速報】国際ジュニア体操競技大会

9月17日、横浜文化体育館で国 …