Home / Report / NHK杯2016 / 【速報】第55回NHK杯2016女子 結果

【速報】第55回NHK杯2016女子 結果

2016年5月4日、東京・代々木第一体育館で第55回NHK杯女子競技が行われた。

2016NHK杯
2016年NHK杯が代々木第一体育館で行われた。改修工事のため来年・再来年は別会場となる見込みである。

 

この大会はリオデジャネイロ・オリンピックの代表選考も兼ねており、女子は上位3人の代表入りが決定する。

寺本明日香
最終種目のゆかをノーミスで終え感喜のガッツポーズが飛び出た寺本明日香

 

優勝したのは1ヶ月前の全日本個人総合で0.1点差で涙を飲んだ寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ)だった。一時は練習するのも嫌になったという寺本だが、精神的な谷間を克服し、また一回り成長したように見えた。

寺本明日香の平均台
落下が続出した平均台だが、ここでも寺本は安定感の高い演技

 

寺本は4種目ノーミスの上に、しばらく封印していた平均台の3回ひねり下り(F)も解禁し圧巻の優勝だった。

 

村上茉愛
得意のゆかでは14.800の高得点をマークし2位に着けた村上茉愛

 

2位は先日の全日本個人総合で初優勝を果たした村上茉愛(日体大)だった。3種目目の平均台での落下が響き、絶好調の寺本に追いつくことはできなかったものの、最終種目の得意のゆかでは大幅に得点を上乗せし2位を維持した。

 

杉原愛子
安定した演技で堂々の代表入りを果たした杉原愛子

 

3位には前年度優勝者の杉原愛子(梅花高校/朝日生命)が入った。今大会のみの得点では2位の村上茉愛を上回ったが、NHK杯は全日本個人総合決勝の得点との合計点で争われる。村上の貯金を上回ることはできなかったものの、大きなミスのない演技で3位を維持した。

 

笹田夏実
復調し追い上げる笹田は貢献度枠での代表入りを狙う

 

4位は内山由綺(スマイル体操クラブ)、5位は調子を取り戻し全日本個人総合の9位から追い上げた笹田夏実(日体大)だった。

 

宮川紗江
こんな不調な試合は初めてと話す宮川だがまだ代表入りを諦めたわけではない

 

宮川紗江(セインツ体操クラブ)は左足の怪我が響き、得意のゆかと跳馬で実力を発揮できず11位だったが、残りの代表枠4枠の内3枠に求められているNHK杯12位以内に残ることができた。

 

寺本明日香
共に代表入りを決めて喜びを分かち合う寺本と杉原

 

この結果、寺本明日香、村上茉愛、杉原愛子の3名のリオデジャネイロ・オリンピック代表入りが決定した。

2016NHK杯女子表彰台
リオデジャネイロ・オリンピック代表3名がまず決まった

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

加藤凌平の鉄棒

【速報】第55回NHK杯2016男子 結果

2016年5月5日、東京・代々 …