Home / Report / 2016全日本ジュニア体操競技選手権 / 【速報】2016全日本ジュニア選手権1部 結果

【速報】2016全日本ジュニア選手権1部 結果

2016年8月17日、台風一過の横浜文化体育館(神奈川)で全日本ジュニア体操競技選手権大会1部3日目(最終日)が行われた。

 

全日本ジュニア2016
横浜文化体育館で全日本ジュニア最終日の競技が行われた。

 

男女ともジュニアトップクラスのチーム・選手が集結し、その力を存分に見せつけた。

男子団体総合ではつり輪と跳馬以外の4種目で最高得点を出した市立船橋高校体操クラブが優勝した。2位は清風体操クラブ、3位は鯖江体操スクールだった。

藤井太陽
鯖江体操スクール3位に貢献し、個人総合でも9位に入った藤井太陽

 

男子個人総合は白熱の戦いだった。優勝したのはミスなく高得点を積み上げた谷川翔(市立船橋高校)だった。2位の湯浅賢哉(同)とは0.1点差。前年優勝者の湯浅はあん馬のブズナリ(G)で落下したのが順位に響いてしまった。

谷川翔
チーム内の争いを制したのは谷川翔だった。

 

3位に春樹三憲(清風体操クラブ)、4位には北村郁弥(大泉スワロー体操クラブ)が入った。1位から4位までの点差が0.55という僅差だった。

桒嶋姫子
中学3年ながらチーム優勝に大きく貢献した桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)

 

女子はチーム力が抜きん出ていた戸田市スポーツセンターの優勝だった。2位がフジスポーツクラブ、3位がレジックスポーツだった。

花島なつみ
チーム2位に大きく貢献し個人総合でも5位となった花島なつみ

 

女子個人総合は梶田凪(山梨ジュニア体操クラブ)が制した。2位が畠田瞳(セントラル目黒)、3位に中路紫帆(戸田市スポーツセンター)、4位に土橋ココ(レジックスポーツ)が入った。

梶田凪
2位の畠田瞳に0.7の点差をつけて優勝した梶田凪(山梨ジュニア体操クラブ)

 

畠田瞳
個人総合2位に加えて、段違い平行棒では最高得点を出し種目別で優勝した畠田瞳

 

その他エレガント賞やコーチへの特別賞など、バラエティに飛ぶ表彰が行われ、6日間に及ぶ2016年全日本ジュニア選手権の幕が閉じられた。

市立船橋高校コーチ
体操では珍しいコーチへの特別賞が贈られた(写真は市立船橋高校コーチ)

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

2016全日本ジュニアエレガント賞

2016全日本ジュニア選手権エレガント賞

2016年全日本ジュニア選手権 …