Home / Report / 2016全日本マスターズ体操競技選手権大会 / 第49回全日本マスターズ体操競技選手権大会2016 女子結果

第49回全日本マスターズ体操競技選手権大会2016 女子結果

2016年9月3日、東京・エスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)で第49回全日本マスターズ選手権の1日目が行われた。

 

エスフォルタアリーナ八王子
エスフォルタアリーナ八王子は、京王高尾線で高尾駅の一つ手前になる狭間駅のすぐ前にある。

 

全日本マスターズ選手権とは、体操の愛好者が集う旧全日本シニア選手権2部を本年より改名したもので、旧シニア選手権1部とは分離して開催される運びとなった。

なお旧シニア選手権1部は「全日本シニア体操競技選手権」として10月に東京体育館にて開催される。

 

全日本マスターズ女子
女子は全国から凡そ80名の選手が集結した

 

1日目は男子前半と女子の競技が行われた。女子は10代から60代までという非常に幅広い年齢層の体操愛好家が全国から集結し、現在の体操競技の枠を飛び越えた様々な妙技を披露した。

井岡二千華
つま先まで意識した美しい演技で初出場初優勝を果たした井岡二千華

 

女子個人総合は昨年まで3連覇の古川絵里香(日女体クラブ;20代)が連覇記録を伸ばすかに見えたが、正確な技さばきで得点を積み上げ、ゆかでは女子最高の9.800を出した井岡二千華(ヴォラーレ体操クラブ;10代)が初出場初優勝となった。

 

竹鶴奈奈
昨年マスターズ表彰を受けた竹鶴奈奈(ルーデンス・スポーツクラブ)は体線の美しい演技で40代ベスト3種目1位

 

30代以上は年代別でもベスト2〜3種目で順位が決まる。40代ベスト3種目では今回マスターズ表彰を受けた須谷真紀(瀬戸内倶楽部)を0.050の僅差で振り切った竹鶴奈奈が1位に輝いた。

 

内村周子
ゆかでは50代とは思えない動きで息子顔負けの演技を見せた内村周子(スポーツクラブ内村)

 

50代ベスト2種目では、ゆかで豊かな表現力とキレのある2回ターンなどを見せつけた内村周子が1位となった。

 

マスターズ団体表彰
団体総合は武庫川輝操会が制した※

 

団体総合はチーム力で勝った武庫川輝操会が優勝した。2位が日女体クラブ、3位に瀬戸内倶楽部が入った。

最終日の4日には男子の後半が行われすべての結果が出そろう。

 

※初出時、写真が間違っていました。お詫びして訂正します。

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

Y字バランス

第49回全日本マスターズ体操競技選手権大会2016 男子結果

2016年9月3日・4日の2日 …