Home / Report / 2016全日本体操競技団体選手権 / 男子は接戦、女子は小6が通過! ー 全日本個人総合トライアル

男子は接戦、女子は小6が通過! ー 全日本個人総合トライアル

2016年11月11日(金)、東京・代々木第一体育館で第71回全日本個人総合男女トライアルが行われた。

 

個人総合トライアル
来年の全日本個人総合への出場枠をかけたトライアルが行われた。

 

男子は上位18名、女子は上位12名に2017年の全日本個人総合への出場権が与えられる。それは即ち来年の世界選手権の代表選考に加わることを意味する。学生から社会人まで、是が非でも欲しい権利だ。

 

橘汐芽
ゆかと跳馬で得点を稼ぎ9位となった橘汐芽(朝日生命体操クラブ)

 

男子は1位の横山聖(コナミスポーツ)と18位の中川将径(習志野高校)との点差が1.8と、まさに0.1を争う戦いになった。

 

出口諒財
取りこぼしを抑えつつ、平行棒では14.700を出して12位となった出口諒財(愛媛県競技力向上対策本部)

 

尾崎亮介
鉄棒の大技が功を奏し14位となった尾崎亮介(相好体操クラブ)

 

上位18名には白井勝太郎(コナミスポーツ)、今林開人(セントラルスポーツ)など社会人の名前が目立つが、前述の中川の他に清風高校の山根直記も名を連ねた。

 

白井勝太郎のつり輪
際立った種目はないが、6種目バランスよく得点を出し6位となった白井勝太郎(コナミスポーツ)

 

女子はZERO体操クラブの森蒼佳が1位となった他、小学6年生の畠田千愛(セントラル目黒)が4位で来年の全日本個人総合の参加権を得た。

 

明日はいよいよ全日本団体総合がスタート。まずは女子のチーム日本一が決まる。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

谷川航

順天堂大が優勝!0.05の僅差 ー 2016全日本団体男子 結果

2016年11月13日(日)、 …