Home / Report / 新たな息吹 女子跳馬優勝 村上茉愛

新たな息吹 女子跳馬優勝 村上茉愛

跳馬(村上)村上茉愛

こんなに着地をキレイに決める女子選手はいただろうか。
女子の着地は、一歩足を出すのが当たり前となっている。それも演技のうちだ、と。
しかし村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)の着地はピタリと止まる。

村上が1本目に行ったユルチェンコ2回ひねりは現在日本女子ができる1番高難度の技だ。
その技を、「成功させる」ではなく「着地を止めに行く」ことを意識して演技できるのはおそらく村上だけだ。2本目の伸身ツカハラとび1回ひねりも成功させると笑顔がこぼれ、跳馬では初めてとなるタイトルを手にした。

TEXT:CHIHARU ABE

About chiharu

駆け出しスポーツライターとして某野球雑誌を中心に活躍中。大学時代に体操競技に携わり、それ以来、”体操愛”に目覚める。独自の人脈で”体操”に関する様々な情報を収集する。

Check Also

田中和仁

31歳のラストチャンス 〜 田中和仁 Part 1

「今年がラストチャンス、東京は …