Home / Report / 体操ニッポン2016エキシビション / 体操ニッポン2016エキシビション 静岡県エコパアリーナ

体操ニッポン2016エキシビション 静岡県エコパアリーナ

祝日の2016年11月23日(水)、静岡県・エコパアリーナにて体操ニッポン2016エキシビションが行われた。

 

エコパアリーナ体操ニッポン2016エキシビション
エコパアリーナにて体操ニッポン2016エキシビションが行われた。静岡県内で体操のトップ選手が見られるのは近年では珍しい。

 

器械体操、新体操、トランポリンのオリンピック代表選手を地元で見られるまたとない機会に、3000人を超す観衆が熱狂した。

 

エキシビション新体操
エキシビションは新体操で幕を開けた

 

エキシビションは新体操に始まり、地元で体操に取り組むちびっ子達と選手が組になり、器械体操の器具を使った障害物リレーのアトラクションも行われた。

普段はなかなか見られないトップ体操選手の素顔に観客も大満足の様子。

 

エキシビション アトラクション
器械体操トップ選手と地元ちびっ子ジムナストが組んだアトラクションも行われた。

 

最後に行われた器械体操のエキシビション演技では、体調不良により試合を欠場中の内村航平が、あん馬でスイングと旋回を披露した。観客のために怪我を押しての演技だったが、着地した後、腰を痛そうにしていたのが象徴的だった。

 

エキシビション 村上茉愛
村上茉愛はシリバス(H)は温存したものの伸身ダブル(F)やしゃがみ立ち2回ターン(D)などほぼフルの演技を披露した。

 

その他、白井健三と村上茉愛(共に日体大)がゆかを、加藤凌平があん馬を、田中佑典(コナミスポーツ)が鉄棒を、山室光史(コナミスポーツ)が吊り輪を、内山由綺(スマイル体操クラブ)が段違い平行棒を披露した。

杉原愛子(朝日生命)は平均台で新技、足持ち2回ターンを披露、1度目は落下したが、再度挑戦して成功させた。

 

エキシビション アクロ体操
アクロ体操の演技も披露された。アクロ体操は今ではテレビで放送されることもないため、演技が見られるのは貴重だ。

 

またアクロ体操の演技も行われた。器械体操のオリンピック代表選手も、その動きや体幹には目を見開いていた。

 

白井、山室と畠山愛理
白井健三、山室光史と畠山愛理との並びなどめったに見られないシーンも。

 

体操ニッポン2016エキシビションはこの後、11月24日(木)に鹿児島アリーナで、12月13日(火)に広島県立総合体育館グリーンアリーナで行われる。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。