Home / Video / オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝1日目ハイライト。

ゆかで白井健三が優勝、谷川航(順天堂大)が3位。あん馬はベルキ(ハンガリー)が、つり輪は中国が圧倒的な力を見せつけた。

 

TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。
学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。
静岡県体操協会男子3種審判資格あり。
ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

木本嘉直のトカチェフ

2017全日本マスターズ 木本嘉直の鉄棒

56歳にして全日本マスターズ初 …