Home / Information / ゆかの新技「ゴシマ」

ゆかの新技「ゴシマ」

五島誉博(仙台大学)のオリジナル技、ゆかの前方伸身宙返り3回半ひねりに「ゴシマ」の名前がついた。G難度。

五島誉博 ゆか
ゴシマは白井健三のシライ2よりも180度ひねりが多く、1回の宙返りの間に1260度ひねっている

 

2017年3月17日〜18日にドイツのシュツットガルトで行われたDTBチームカップに五島が出場し、そこでこの技を成功させたことからFIGに新技として認定された。

20160402五島誉博
多くの場合ゆかの1本目のシリーズでゴシマを行う。前方かかえ込み宙返り1回ひねり(B)からの連続で加点も狙う。

 

日本国内では以前から行っていた前方伸身宙返り3回半ひねりだが、新技に選手の名前がつく国際大会で成功させたのは今回が初めてだ。五島はFIGの公式ニュースに「日本シニア選手のニューカマー」として紹介されており、今後は国際大会でも注目を浴びることになるだろう。

またゆかの1回宙返りでG難度を取れるのは現在この技のみであるため、今後はひねりが得意な他の選手にも取り入れられる可能性がある。

五島誉博 ゆか
白井健三に続く日本からのゆかのスペシャリストとして、今後は国際大会でも活躍が期待される。

 

なおこのFIG公式ニュースでは合わせて8つの新技認定が紹介されており、その中には白井健三(日体大)が跳馬で行ったシェルボ跳び2回ひねりもシライ3として紹介されている。

 

Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュール追加

2017年(度)大会スケジュー …