Home / 2017全日本マスターズ体操競技選手権 / 2017全日本マスターズ 内村周子の段違い平行棒

2017全日本マスターズ 内村周子の段違い平行棒

個人総合年代別50代で2位となった内村周子(スポーツクラブ内村)の段違い平行棒。

この年代では高棒への移動を諦めて、低棒のみで前回りと後ろ回りだけして降りる選手が多い中、高棒への移動をしっかりと取り入れている。また高棒でのけ上がりも、やや肘は曲がるものの、しっかりと手首を返しており安定して実施できることがわかる。

さらに演技全体に亘って足がつま先まで伸びており、いわゆる「下駄を履く」ことがない。前回り、後ろ回りで脚が開いたり膝が緩んでもつま先を伸ばしていられるのは、日頃の練習からそこまで身体に染み込ませている成果だろう。

最後のフットひねり下りも、決して大きくはないものの膝を使って着地を取りにいっている。極力、減点されないよう努めた実施と言えるだろう。

 

Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

About taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

Check Also

宮地秀享

2017豊田国際 宮地秀享の鉄棒

豊田国際2017で優勝した宮地 …