Home / taroken (page 20)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

新FIG会長 渡辺氏が登場 ー 日本体操競技・器械運動学会第30回大会

2016年12月18日(日)、東京は日本大学文理学部、百周年記念館国際会議場にて日本体操競技・器械運動学会第30回大会が行われた。     午前中には「2020東京五輪に向けての国際体操連盟の課題とこれから」と題し、シンポジストに第9代国際体操連盟会長に選出された渡辺守成氏と、国際体操連盟男子体操競技技術委員に再選された冨田洋之氏を迎えたシンポジウムが行われた。     渡辺氏は会長立候補に至るまでの経緯や、富士通と共同開発した採点支援システムを紹介した。     今後のビジョンとしては、現会長のブルーノ・グランディ氏の意志を継承し美 …

Read More »
作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙

GymnasticsNews Radio Show 2016/12/16を聴く ○豊田国際 ○日本体操競技・器械運動学会   【動画のコーナー】 2016豊田国際:ゆかの3回宙返り 2016豊田国際:つり輪の3回宙返り下り   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Podcast: Download

Read More »
クレッシンク・ニック

2016豊田国際 つり輪の3回宙返り下り【スローモーション付】

  2016年豊田国際でクレッシンク・ニック(ドイツ)が行ったつり輪の後方かかえ込み3回宙返り下り(F)。 着地で片足が後ろに1歩出てしまっているが、実施されることが少ないつり輪の3回宙返り下りとしては比較的まとまっている。来年から採用される新ルールでは全般的に3回宙返りの難度が上がるため、今後は見られる機会が増えるかもしれない。   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa 《GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙で解説》

Read More »
ランキン・ドミトリー

2016豊田国際 ゆかの3回宙返り【スローモーション付】

  2016豊田国際でランキン・ドミトリー(ロシア)が行なったゆかの後方かかえ込み3回宙返り(リューキン;G)。 ゆかの3回宙自体めったに見ることができないが、それをバク転を挟まずロンダートのみで行なっている点が非常に珍しい。残念ながら着地の際の体の開きが早すぎて両手を着いてしまっているが、着地を取れるだけの高さは十分ある。 Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa   《GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙で解説》

Read More »
村上茉愛

村上茉愛が2種目で優勝!平行棒は山室 ー 2016豊田国際2日目 結果

2016年12月11日(日)、前日に引き続き愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で豊田国際の2日目が行われた。     女子は平均台とゆかの2種目が行われ、いずれも村上茉愛(日体大)が制した。     平均台では前方屈伸宙返り(E)と、後転跳び(B)〜スワン(C)〜スワンの3連続を入れた構成に挑戦した。これまで練習でも成功したことがなかったが、本番で初成功し、平均台で唯一の14点台を出しての優勝となった。     杉原愛子(朝日生命)は初めて取り入れた後方伸身宙返り上がり(E)での落下が響き、4位に終わった。   &n …

Read More »
つり輪で優勝した神本雄也

王者ベルキがあん馬を制す。つり輪は神本が初優勝 ー 2016豊田国際1日目 結果

2016年12月10日(土)、愛知県豊田市総合体育館(スカイホール豊田)で豊田国際1日目が行われた。     この日、男子はゆか、あん馬、つり輪の種目別が争われた。 ゆかは白井健三(日体大)がH難度の伸身リ・ジョンソンを入れたD7.7の構成で16.375を出し、2連覇を果たした。2位の加藤凌平(コナミスポーツ)に1.150の大差をつける圧勝だった。     2013年の世界選手権で白井と共に後方宙返り4回ひねりを成功させたニュエン・トゥアン・ダット(ベトナム)は4回ひねりを行わず、14.300で3位となった。 また昨年の豊田国際で白井と共に伸身リ・ジョン …

Read More »
作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 静岡エキシビション、豊田国際、湯浅賢哉と中路紫帆の演技解説

GymnasticsNews Radio Show 2016/12/2を聴く ○体操ニッポン2016エキシビション静岡 ○豊田国際 ○日本体操競技・器械運動学会第30回大会 ○とある先生の研究室に取材に行きます! ○内村、コナミ退社を正式発表 12月から日本初のプロ選手に ○元日本代表・鶴見虹子さん、体操教室の講師で再出発「未来のオリンピアン育てたい」  【動画のコーナー】 インターハイ2016 湯浅賢哉のつり輪 中路紫帆の段違い平行棒 Podcast: Download

Read More »
中路紫帆のゆか

2016インターハイ 中路紫帆の段違い平行棒【スローモーション付】

女子体操選手としては身長が高く、体線が美しい。この段違い平行棒では倒立の角度と姿勢がしっかりと表現されている。大逆手からのひねりもバランスもよく実施されており、全般的に質の高い演技となっている。   《GymnasticsNews Radio Show 2016/12/2で解説》

Read More »
湯浅賢哉の十字懸垂

2016インターハイ 湯浅賢哉のつり輪【スローモーション付】

現在の高校生ジムナストのトップに位置する湯浅賢哉。一見するとそれほど力技が得意なように見えないが、つり輪では後転脚上挙十字懸垂(E)、十字懸垂から伸腕伸身中水平(E)を連続し、オリンピック代表選手も顔負けの力技を見せる。 振動技の裁きも見事で、来年の大学進学後はさらにつり輪の得点力がアップしそうだ。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/12/2で解説》

Read More »
白井、山室と畠山愛理

体操ニッポン2016エキシビション 静岡県エコパアリーナ

祝日の2016年11月23日(水)、静岡県・エコパアリーナにて体操ニッポン2016エキシビションが行われた。     器械体操、新体操、トランポリンのオリンピック代表選手を地元で見られるまたとない機会に、3000人を超す観衆が熱狂した。     エキシビションは新体操に始まり、地元で体操に取り組むちびっ子達と選手が組になり、器械体操の器具を使った障害物リレーのアトラクションも行われた。 普段はなかなか見られないトップ体操選手の素顔に観客も大満足の様子。     最後に行われた器械体操のエキシビション演技では、体調不良により試合を欠場中 …

Read More »