Home / taroken (page 20)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
平行棒の準備

【速報】リオ五輪 男子団体予選を想定した試技会を実施

2016年7月9日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の男子代表が試技会を行った。     この日行われたのは団体予選を想定した試技会である。団体予選で日本は8月6日午前10:30(現地時間)試合開始となっており、体操の大会としては異例の午前スタートだ。 それに体を慣らすため、今回の試技会は午前10:30から行われた。選手はこの時間に体が動くよう早朝5時に起床したという。 開始種目も本番と同じあん馬から、演技順も本番を想定したオーダーで行われた。     王者内村(コナミスポーツ)は6種目をノー …

Read More »
リオ五輪代表はこの5人

【速報】リオ五輪代表合宿 女子代表が決定

2016年6月25日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターにて行われたリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)強化合宿で2回目の試技会が行われた。   跳馬の着地でのお手つきや、平均台での落下など一部にミスはあったものの、2週間前の試技会の時よりは全ての演技に安定感が感じられた。 結果的に試技会の上位5名も代表候補選出時と同じとなり、その5名がリオ五輪代表に選ばれた。   代表に決定したのは以下の5名である。 寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ) 村上茉愛(日本体育大学) 杉原愛子(梅花高校/朝日生命) 宮川紗江(セインツ体操クラブ) 内山由綺(スマイル …

Read More »
NTC

リオ五輪代表合宿 女子1回目試技会レポート

2016年6月12日、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京)でリオ・デ・ジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の女子代表候補選手による1回目の試技会が行われた。     すでにリオ五輪代表が決まっている男子とは異なり、女子は強化合宿と2回の試技会を通して7人の代表候補から5人の代表に絞り込まれる。 「基本的には競技会で発揮できた力を重視する(塚原千恵子本部長)」とは言うものの、演技の仕上がりや怪我の具合によってはそれもひっくり返りかねない。     そのため貢献度上位で選ばれながら足首の怪我が懸念される宮川紗江(セインツ体操クラブ)や、段違い平行棒 …

Read More »
gaylord

ゲイロード

コバチ系の放れ技が流行する前に、このゲイロードがトップ選手の必須技だった時代があった。かかえ込みまたは開脚屈伸でD難度、閉脚屈伸でE難度となる。 流行した当時は大逆手車輪から閉脚屈伸で行うところまで発展したが、その後コバチ(D)の流行とともに表舞台からは遠ざかった技である。

Read More »
gaylord2

ゲイロード2

内村が鉄棒の種目別用に用意したカッシーナ(G)〜コールマン(F)〜ゲイロード2(E)の3連続の中で難度は最も低いが、行われる頻度も最も少ない。 技自体の難易度よりも鉄棒を掴んだ後の処理が難しいことが、避けられる要因だろう。

Read More »
山室光史

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 決勝結果

2016年6月5日、前日に引き続き代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の決勝が行われた。   男子ゆかは白井健三(日本体育大学)の圧勝だった。かかえ込みリ・ジョンソン(G)や後方宙返り4回ひねり(シライ/キムヒフン;F)を取り入れたD7.6の構成でEスコア9点を超え、16.650の高得点を叩き出した。     あん馬は昨年同様、亀山耕平(徳洲会)を0.1点差で抑えて萱和磨(順天堂大学)が15.900で優勝した。     つり輪では神本雄也(日本体育大学)、山室光史(コナミスポーツ)が着地で崩れる中、安定感のある演技を見せた武田一志(徳洲会) …

Read More »
日本体操協会

「体操ニッポンオフィシャルファンサイト」開設

「体操ニッポンオフィシャルファンサイト」が開設されました。 体操競技をもっと身近に、より詳しく伝えてくれるとのことです。 GymnasticsNewsもそれに負けないよう頑張っていきます!

Read More »
花島なつみ

【速報】第70回全日本体操種目別選手権 予選結果

2016年6月4日、東京は代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権の予選が行われた。     男子はリオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)代表の貢献度枠3枠の争いもあり、予選から高レベルの戦いが繰り広げられた。 ゆかは早坂尚人(順天堂大学)が15.600でトップ通過、鳥栖高校から筑波大学に進んだ小畠廉生が昨年同様2位に。コナミの白井勝太郎が3位と続いた。 異常事態になったのは4位で、五島誉博(仙台大)、佐藤巧(徳洲会)、内田龍真(日本体育大学)、山本威吹(関西高校)、小山仁寛(コナミスポーツ)、瀬島龍三(徳洲会)の6人が15.000で並んだ。 そのため決勝進出者が1 …

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show NHK杯の結果は?男子リオ代表5人目の男に最も近いのは誰だ?

GymnasticsNews Radio Show 2016/5/20   ●NHK杯の結果 ●第70回全日本体操種目別選手権大会 日テレG+で翌日に10時間連続放送!完全視聴者はメールください 第70回全日本体操種目別選手権大会出場有資格者一覧 Podcast: Download

Read More »
加藤凌平の鉄棒

【速報】第55回NHK杯2016男子 結果

2016年5月5日、東京・代々木第一体育館で第55回NHK杯の男子競技が行われた。     優勝は内村航平(コナミスポーツ)で、NHK杯8連覇となった。内村は4月の全日本個人総合での不調を払拭する圧巻の演技を披露。最終種目の鉄棒では大観衆が見守る中、完璧な着地を見せ今大会トータル93.350、全日本個人総合との総合計184.650で圧勝となった。     熾烈を極めたのはリオデジャネイロ・オリンピック代表入りがかかっている2位争いだった。     全日本個人総合で加藤凌平(コナミスポーツ)を抜いて2位に躍り出た白井健三(日体大)が2種 …

Read More »