Home / taroken (page 20)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
田中佑典、内村の会見

内村、寺本が欠場 ー 2016全日本団体 試合前記者会見

2016年11月10日、東京は代々木第一体育館で、第70全日本団体選手権の公開練習および試合前記者会見が行われた。     会場ではジュニアから大学生、社会人を含めたあらゆるの層の選手らが、ポディウム上に組まれた試合用の器具に合わせた最終調整を行なった。   記者会見では、身体の痛みが取れないことを理由に、内村航平(コナミスポーツ)が欠場することが発表された。 すでにこの試合後にコナミを退社し体操界初のプロ転向を発表している内村は、この試合がコナミ所属としての最後の試合になるはずだった。     昨年の全日本団体、先月の全日本シニアとコナミが続 …

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 内村プロ転向、谷川翔の演技スロー解説

GymnasticsNews Radio Show 2016/11/4   ・内村がコナミを退社、体操初のプロ転向へ ・オリンピック後のルール改正:日本男子の得点力に関わるゆかと鉄棒のルール変更 ・全日本団体 【動画のコーナー】 2016全日本ジュニア:谷川翔のあん馬【スローモーション付】 2016全日本ジュニア 谷川翔の平行棒【スローモーション付】 TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa Podcast: Download

Read More »

2016全日本ジュニア 谷川翔の平行棒【スローモーション付】

バブサー(E)を取り入れたダイナミックかつ安定感のある演技。さらに高いDスコアも狙えそうに思える。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/4で解説》

Read More »
谷川翔のあん馬

2016全日本ジュニア 谷川翔のあん馬【スローモーション付】

柔軟性を生かしたダイナミックな開脚旋回と、足先まで伸びた体線が目を引く、質の高い演技である。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/4で解説》

Read More »
田中佑典

決意 〜 リオ五輪団体金への道のり 決勝編

演技の直前、田中佑典はふと視線を右上にやった。まるで天井の向こうにある太陽に目をやったかのようにも見えた。あるいは田中には別の何かが見えていたのかもしれない。 平行棒を両手で掴み、何百回も繰り返した動きで倒立に持ち込む。これから、というその時、田中にしては珍しくバーを握り直した。ルールではこれで0.1の減点である。それを承知での握り直しに、わたしはこれまでとは違う何かを感じていた。     仕事と私用の忙しさもあったが、早朝からの男子団体決勝を生で見ようというモチベーションを失っていたわたしは、午後になって Yahoo Japan! のニュースで日本が金メダルに輝いたことを …

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 全日本シニア男子徳洲会優勝!

GymnasticsNews Radio Show 2016/10/22 ○全日本シニア体操競技選手権大会:男子は徳洲会が優勝;石坂真奈美が7年ぶり復帰 ○2016プレミアム体操東京エキシビジョンでは何が行われたのか? ○FIG総会取材:新会長の渡辺氏は日本人初!   【動画のコーナー】 <全日本ジュニア> 畠田瞳のゆか 花島なつみのゆか   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa   Podcast: Download

Read More »
花島なつみ

2016全日本ジュニア 花島なつみのゆか

ジャズの名曲「イン・ザ・ムード」に乗った躍動感のある動きと、口を開いた独特の表情で会場全体を虜にする。 現時点の日本女子体操界では表現力ナンバーワンだろう。

Read More »
畠田瞳

2016全日本ジュニア 畠田瞳のゆか

エキゾチックな音楽に合わせ、手首から先を使った個性的な振り付けである。 またかかえ込みムーンサルト(E)や後方伸身宙返り2回半ひねり(D)+前方伸身宙返り1回ひねり(C)の組み合わせなど、アクロバットの難度も高い。

Read More »
渡辺守成と鈴木大地スポーツ庁長官

第81回FIG総会で渡辺守成氏がアジア人初のFIG会長に

2016年10月19日(水)、ヒルトンお台場東京にて国際体操連盟(FIG)の役員改選が行われた。   20年間FIG会長として体操競技の発展に尽力してきたブルーノ・グランディ氏の後継者争いは、当選すればヨーロッパ以外から初選出となる渡辺守成氏と、フランス人のジョルジュ・グルセク氏の間で行われた。 世界中各国から集まった119人の投票の内100票を集めた渡辺守成氏が当選し、アジア人初の次期FIG会長に決まった。     改選後の記者会見では、グランディ氏は渡辺氏が自分の体操への考えをもっともよく理解してくれているとして絶賛していた。   渡辺氏は、自分がF …

Read More »
リオ五輪代表

2016プレミアム体操東京エキシビジョン Special Shots

                TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »