Home / taroken (page 28)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子2種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
前田航輝の鉄棒

前田航輝の鉄棒:2016ヒューストン国際ジュニア大会

ヒューストン国際の種目別決勝の演技。 難度を落としていたり、アドラーひねりの角度や軸ブレが目につくといった点はあるものの、最後の着地をぴたりと止めてまとめている。

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 平行棒の下り技が気になる。すっかり忘れてた高校選抜。

GymnasticsNews Radio Show 2016/2/25 ○新技「シライ3」がH難度認定=G難度「ヤマムロ」も ○すっかり忘れてた高校選抜 ○2016アゼルバイジャン国際 ○年間プレミアムシートがもう完売   【動画のコーナー】 長谷川智将のあん馬(種目別優勝) 萱和磨(種目別銅メダル)  Podcast: Download

Read More »

Jossimar Calvo Morenoの平行棒の棒端ムーンサルト

今やレア技になった平行棒の棒端懸垂後方宙返り下り。世界選手権クラスではこのジョシマール・カルボ・モレノのみだろう。 彼は2年前の世界選手権から2年連続で棒端懸垂かかえ込み新月面の新技申請をしているものの、2回とも実施せずに終わっている。今年のオリンピックで3度目の正直なるか、注目である。

Read More »

2016アメリカンカップ ミクラックの平行棒

爆弾カットから直接懸垂するリー・チョルホン/ササキ(E)、前方抱え込み2回宙返り下り(E)など先進的な構成である。 リー・チョルホン/ササキのように、腕支持だとD難度になる技から直接懸垂することでE難度を取れる技は今後、流行しそうな気配がある。

Read More »
田中和仁のあん馬

赤い闘志、青い闘志 〜 田中和仁 Part 2

昨年の世界選手権で日本は37年ぶり(オリンピックを除く)の団体金メダルを獲得した。 「佑典の団体金メダルは嬉しかったですね。空港で会ってメダルを見せてもらいました。」 嫉妬心はなかったという。一昨年の南寧世界選手権(0.1点差で中国に敗れて団体銀メダル)のことがあったので、金が取れてよかったという気持ちが強かった。 しかし自分もあの輪の中にいたいという感情は湧き上がってきた。もう1回代表になりたいと切に思った。 田中和仁にとって団体戦は難しいという。学生の頃は表彰台レベルではなかったので、ずっと個人で戦ってきた。団体戦ではチームで戦うため気持ちが昂りやすい。 個人戦では闘志は青いイメージ。だが …

Read More »
田中和仁

31歳のラストチャンス 〜 田中和仁 Part 1

「今年がラストチャンス、東京はさすがに無理ですね」と田中和仁(徳洲会)は語る。 5月に誕生日を迎える。代表に選ばれればリオ五輪の時には31歳になっている。 気づけば自分より上の国内現役選手は桑原俊(朝日生命体操クラブ:34歳)と塚原直哉(同:38歳)の2人しかいない。同期では最後になった。 だが、それだからこそやれるところまではやりたい。 肩の手術を乗り越えて迎えた昨年の世界選手権代表選考は、若手の台頭もありどこまでできるかわからなかった。 全日本個人総合、NHK杯と続けてあん馬でミス。代表入りが遠のく中で考えたのはナショナル入りの確保だ。 ナショナルとは日本体操協会が認定する強化指定選手のこ …

Read More »
萱和磨 2016 アゼルバイジャン国際

【アゼルバイジャン国際】萱和磨の平行棒

平行棒で銅メダルに輝いた萱和磨(順天堂大)の演技。 トップ選手を含めてほとんどの選手の下り技がD難度の屈伸ダブルを占める日本体操界でいち早く前方系の下り技に取り組み、F難度の前方抱え込み2回宙返りひねりを成功させている。 おそらく日本人トップ選手の中でこの技を取り入れたのは白井健三(日体大)に次いで2人目であろう。技の捌きやフォームが白井健三のそれと酷似している。

Read More »
長谷川智将 2016 アゼルバイジャン国際

【アゼルバイジャン国際】長谷川智将のあん馬

あん馬で優勝した長谷川智将(日体大)の演技。 ほとんどの選手が使うフロップ、コンバインといったワンポメル上で旋回を繰り返す技を敢えて抜き、代わりに開脚旋回と馬端から馬端への移動を多く取り入れたダイナミックかつ個性的な構成である。 今春から社会人として徳洲会に加わる長谷川は、昨年の世界選手権で悔しい思いを経験しているだけに、なお一層の期待が高まる。

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 亀山選手リオへの道のり、2016年大会予定〜浜田ってどこ?

GymnasticsNews Radio Show 2016/1/24 ○新春公開合宿の取材に行ってきました ○オリンピック代表選考方法 ○2016年度大会予定:浜田ってどこ? ○2017-2020採点規則ドラフト(英語版) Podcast: Download

Read More »
2016新春公開練習 亀山耕平

約束 〜 亀山耕平

2016年1月10日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた新春公開練習。亀山耕平(徳洲会)は跳馬の腕の振り上げを何度も確認していた。 リオデジャネイロオリンピック代表に入るには6種目全てをこなす必要がある。6種目をしっかり作り込めばあん馬の仕上がりも上がってくるだろう。そう考え残り5種目も真剣に取り組んでいる。 できることなら種目別あん馬で代表入りを勝ち取りたい。しかし今年のオリンピック代表枠5人は、すでに決定している内村航平(コナミスポーツ)を除けば、個人総合で1人、チーム貢献度で3人と決まった。亀山の立ち位置はかなり厳しい。誰が個人総合枠で代表入りを決めるかにも左右される。 だが …

Read More »