Home / taroken (page 28)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
ビクトリア・ムアーズ(Victoria Moors)

最高峰の技 女子ゆか優勝 ビクトリア・ムアーズ

女子体操の世界最高難度の技「伸身新月面(後方伸身2回宙返り2回ひねり)」、それが目の前で繰り広げられた。 この技のために設定された新しい難度「I難度」、2013年12月時点ではこの技のみである。 勢い余ってラインオーバーはしたものの、ムアーズの脚はこの技を無理なくこなす。 いわば世界最高峰の脚力の持ち主だ。 1回半ひねりを挟んでの3回ひねり、終末技のダブルも力強くこなす。 誰しも異論の無い、圧巻の優勝だった。   TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

Read More »
キム・ヒフン(Kim Hee Hoon)

プライドをかけて 男子跳馬優勝 キム・ヒフン

白井健三と共にユルチェンコ3回ひねりを発表し、白井健三と共に技に自らの名が付いたキム・ヒフン。 しかし世界選手権種目別では予選敗退と振るわぬ結果に終わった。 一方、白井健三は種目別決勝で4位。 再び白井健三と相まみえる豊田国際は、己の名に代えても負けられない一戦だった。 1本目はヨー2。実施減点も少なく見事な実施。 そして2本目はシライ/キムヒフン。ややつまり気味だが、大過失無く上手くまとめた。 勝利の女神はキム・ヒフンに微笑んだ。白井健三が2本とも跳躍を失敗し、キム・ヒフンの優勝だった。 世界選手権の敗戦を見事に雪辱した一戦だった。 TEXT : MASARU “Taroken& …

Read More »

天が与えし”カラダ” 男子ゆか クリスチャン・トーマス

180cmという長身は、体操選手としては諸刃の剣だ。技に迫力が出るが、その巨体を操るのは困難を極める。 特にゆかでは助走の1歩がラインオーバーにつながる。 そんなハンデを微塵も感じさせず、トーマスは脚力で勝負に出る。テンポから後ろとびひねり前方屈伸2回宙返り、助走からの前方屈伸2回宙返り、そして終末技も後ろとびひねりからの前方かかえ込み2回宙返りだ。 残念ながらしりもちやラインオーバーで上位には上がれなかったが、そのど迫力の演技は観客を魅了した。 重力という自然の摂理に抗うかのように、彼は今日も跳び続ける。 TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

Read More »
GymnasticsNews

田中理恵選手が現役引退

今期、休養をしていた田中理恵選手が引退するとのことです。 ゆかの採点基準が技からキャラクターや表現にシフトした中、田中理恵選手の演技がどう評価されるか注目していました。新ルールで演技することなく引退が発表されたのは残念ですが、お疲れさまでした。 体操の田中理恵が現役引退 腰痛治らず決意

Read More »

体操ニッチトークNEO 2013年12月11日更新

今回はBJ不在のためタロケンとちはるの2人でお届け! ○最近の国際大会の日本人選手の結果 ●第31回DTBカップ ●FIGワールドカップ個人総合・ドイツ・シュツットガルト大会 ●2013ボローニンカップ ●FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会 ●メキシコ国際 ○豊田国際 海外選手の発表と国内女子選手の追加 http://www.toyota-taiso.com  【今週の動画】 豊田国際に出場する海外選手 ○ザネッティ:つり輪(2013年世界選手権) http://gymnasticsnews.jp/archives/1806 ○ニューエン:平行棒(2013年ヨーロッパ選手権) http …

Read More »

ニューエン:平行棒(2013年ヨーロッパ選手権)

G難度の下り技「カトウヒロユキ」の他に、入り技も「単棒横向き逆上がり倒立(D)」という珍しい技を行う。

Read More »

ザネッティ:つり輪(2013年世界選手権)

ロンドン五輪、2013年世界選手権のつり輪の金メダリスト。 「ザネッティ(F)」の名がついたオリジナルの力技から演技が始まる。

Read More »
日本体操協会

FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会の結果

日本体操協会のホームページにて12月7日にイギリス・グラスゴーで開催されたFIGワールドカップ個人総合・イギリス大会の結果が発表されています。 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/figワールドカップ個人総合・イギリス大会 FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会結果 日本からは徳州会の 山本雅賢選手、レジックスポーツの寺本明日香選手が出場し山本選手6位、寺本選手4位という結果になっています。

Read More »

FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会ライブ中継

徳州会の 山本雅賢選手、レジックスポーツの寺本明日香選手が出場するFIGワールドカップ個人総合・イギリス大会(グラスゴー)がこちらのページでライブ中継されています。 FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会

Read More »
日本体操協会

ボローニンカップの結果

日本体操協会のホームページにて12月2日〜12月4日にモスクワで開催されたボローニンカップの結果が発表されています。 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/2013ボローニンカップ 2013ボローニンカップ男子結果pdf   ちなみに大会名になっているボローニン選手は鉄棒の離れ技の名前にもなっています。 ヤマワキを屈伸で行うような技でB難度です。 1968年メキシコ五輪、1972年ミュンヘン五輪ではメダルを獲得されています。

Read More »