Home / taroken (page 30)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
亀山耕平選手のあん馬

亀山選手の新しいあん馬の構成(D7.2)

投稿 by 徳洲会体操クラブ. 2013年の世界選手権で金メダルを取ったDスコア6.9の演技構成から 正交差倒立(正セア倒立;D)を抜き、代わりにブズナリ(G)を入れてDスコアが7.2に 上がっています。

Read More »

2014ワールドカップ・アメリカ大会 野々村笙吾選手 平行棒

シャルロ(棒下宙返り単棒倒立;E)でバランスを崩しかけたものの、 その他は体線も美しく安定感のある演技。 車輪ディアミドフ(車輪1回ひねり;D)〜車輪(C)〜ティッペルト(D)のよどみない流れがすばらしい。

Read More »
GymnasticsNews Radio Show

田中理恵さんNHKで初レギュラー!食レポで「美しく食べる」

田中理恵さんがNHK BSプレミアムで4月2日からスタートする「食材探検 おかわり!にっぽん」にレギュラー出演することが決まりました。 日本女子体操界では大柄な田中理恵さんですが、食もがっつりいくほうだったんですね。 田中理恵、NHKで初レギュラー!全国訪問“エレガント”に食べる

Read More »

内村航平×白井健三×長島三奈ロングインタビュー

テレビ朝日のホームページに「内村航平×白井健三×長島三奈ロングインタビュー」が公開されています 内村航平×白井健三×長島三奈ロングインタビュー1 内村航平×白井健三×長島三奈ロングインタビュー2 内村航平×白井健三×長島三奈ロングインタビュー3 After proven success

Read More »

村上茉愛選手テレビ出演情報

池谷幸雄体操倶楽部の村上茉愛選手が明日の「行列のできる法律相談所」に出演します。 視聴・録画を忘れずに! 1月26日(日) 21:00~ 日本テレビ系 「行列のできる法律相談所」

Read More »

挑戦、挑戦、挑戦 男子平行棒4位 ファム・フオク・フン

平行棒の「タナカ」という技をご存じだろうか? 1996年のアトランタオリンピックで田中光選手が発表した技(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:F)である。 オリンピックや世界選手権でも滅多に行われないこの技が豊田国際で飛び出した。 行ったのはベトナムのファム・フオク・フン選手だ。 タナカの他にもシャルロ、バブサーなど高難度の技を畳みかける。ついには下りの屈伸ダブルまで全てがD難度以上の技で構成された演技だった。 全体的に急いだ実施で細かな減点もあり、結果は4位に終わったが、Dスコアだけ見れば7.0と全選手の中で最高の価値点だった。 現時点では、まだ高難度の技を並べてこなしているとい …

Read More »
日本体操協会

2013リューキン国際のレポート

体操ニッチトークNEOでもご紹介しましたが、12月11日から17日までアメリカ・ダラスで行われたリューキン国際の詳細レポートが日本体操協会のホームページにアップされています。 2013リューキン国際招待報告

Read More »
マルセル・ニューエン(Marcel Nguyen)

秘めたる力 男子つり輪3位 マルセル・ニューエン

マルセル・ニューエンはロンドンオリンピックの個人総合銀メダリストである。 ゼネラリストであり、また平行棒のスペシャリストしてもよく知られている。 加えて整った顔立ちとスラッとした体型は、ともすると非力な印象を与えるかも知れない。 しかしゼネラリストであるためには力技もしっかりとこなす必要があるのだ。 つり輪にぶら下がった状態から力だけで一気に引き上げて上水平。バランディン1と呼ばれる力技だ。 やや高さに欠けるが、凜とした体線と力強く支える両腕は美しく、それを感じさせない。 結果は3位。 ニューエンの左腕で、いつも勝利の女神が微笑んでいる。 TEXT : MASARU “Taroke …

Read More »
ビクトリア・ムアーズ(Victoria Moors)

最高峰の技 女子ゆか優勝 ビクトリア・ムアーズ

女子体操の世界最高難度の技「伸身新月面(後方伸身2回宙返り2回ひねり)」、それが目の前で繰り広げられた。 この技のために設定された新しい難度「I難度」、2013年12月時点ではこの技のみである。 勢い余ってラインオーバーはしたものの、ムアーズの脚はこの技を無理なくこなす。 いわば世界最高峰の脚力の持ち主だ。 1回半ひねりを挟んでの3回ひねり、終末技のダブルも力強くこなす。 誰しも異論の無い、圧巻の優勝だった。   TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

Read More »
キム・ヒフン(Kim Hee Hoon)

プライドをかけて 男子跳馬優勝 キム・ヒフン

白井健三と共にユルチェンコ3回ひねりを発表し、白井健三と共に技に自らの名が付いたキム・ヒフン。 しかし世界選手権種目別では予選敗退と振るわぬ結果に終わった。 一方、白井健三は種目別決勝で4位。 再び白井健三と相まみえる豊田国際は、己の名に代えても負けられない一戦だった。 1本目はヨー2。実施減点も少なく見事な実施。 そして2本目はシライ/キムヒフン。ややつまり気味だが、大過失無く上手くまとめた。 勝利の女神はキム・ヒフンに微笑んだ。白井健三が2本とも跳躍を失敗し、キム・ヒフンの優勝だった。 世界選手権の敗戦を見事に雪辱した一戦だった。 TEXT : MASARU “Taroken& …

Read More »