Home / taroken (page 36)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
2014シニアー平岩雅基

【速報】平岩雅基が平行棒で10点満点、個人総合でも1位ー第47回全日本シニア選手権最終日

第47回全日本シニア体操競技選手権大会の3日目(最終日)が15日に北九州市立総合体育館で行われた。開催されたのは男子2部の後半と男子表彰式及び閉会式である。 個人総合は、平行棒で10点満点を出した平岩雅基(グリーンカレッジOBクラブ)と後藤大輔(岡山GYMNAST)の2人が共に58.350で1位に輝いた。 また団体は1位がグリーンカレッジOBクラブ、2位が鯖江ピタリクラブという結果だった。 今大会で最高齢であり唯一の70代である若松功(滑川スポーツクラブ)は、今では採点規則から削除された往年の技である片手水平支持を平行棒、ゆか、あん馬で披露して注目を浴びた。 男子表彰式の後、全日本シニア体操ク …

Read More »
2014シニアー内村周子;平均台

【速報】初出場の内村周子が女子2部50代で1位ー第47回全日本シニア選手権2日目

第47回全日本シニア体操競技選手権大会2日目が14日に北九州市立総合体育館で行われた。開催されたのは男子2部の前半と女子2部である。 注目された内村航平の母、内村周子(スポーツクラブ内村)は初出場ながら50代(ベスト2種目)で堂々の1位に輝いた。平均台の演技では会場内のすべての視線を集め、館内は静まりかえった。モスクワ及びストラスブール世界選手権元代表の沢木綾子(ルーデンス・スポーツクラブ)は0.050差で2位だった。 30代(ベスト3種目)の1位には江里口奈緒(藤村クラブ)が、40代(ベスト3種目)の1位には竹鶴奈奈(ルーデンス・スポーツクラブ)が、60代(ベスト2種目)の1位には鈴木和代( …

Read More »
2014シニアー内村春日

【速報】第47回全日本シニア体操競技選手権大会(2014)1部の結果

第47回全日本シニア体操競技選手権大会(旧社会人選手権大会)1部が13日に北九州市立総合体育館で行われた。 男子団体は5チームで争われ、KONAMIが2位の徳州会体操クラブに11.800の大差をつけて優勝した。女子団体は2チームの参加で、優勝は朝日生命、2位が相好体操クラブとなった。 男子個人総合は世界選手権代表の内村航平(KONAMI)が92.250で優勝し好調さをアピールした。2位は1.250差で同じく世界選手権代表の田中佑典(KONAMI)だった。3位には齊藤優佑(徳州会)が、4位には岡村康宏(朝日生命)が入った。 女子個人総合は世界選手権代表の美濃部ゆう(朝日生命)が貫禄の優勝、2位は …

Read More »
リー・シャオペン

跳馬:ヨー2とリー・シャオペン

第2空中局面の動作が同じであるため、現在の種目別のルールではこの2本を跳ぶと減点になるが、当時はその制限はなかった。 ヨー2、リー・シャオペンのどちらも素晴らしい実施である。 (Gymnastics News RadioShow 2014/09/05公開で紹介)

Read More »
加藤凌平ー20140902男子試技会

2014/9/2 男子強化合宿試技会取材レポート

9月2日、味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界選手権代表選手およびアジア大会代表選手の試技会が行われた。 試技会は世界選手権代表選手、世界選手権リザーブ選手、アジア大会代表選手の3グループがローテーションして6種目演技する形式で行われ、世界選手権代表選手は団体予選を想定し、ゆかからのスタートとなった。 取材陣と関係者だけが見守る中、試合を想定した構成で演技し、審判による採点も行われる。 その採点は試技会と言えど手加減など微塵も感じさせず、ミスはミスとしてしっかりと減点される。 アジア大会代表選手の演技はEスコアとDスコアを公表するが、世界選手権代表選手については、ライバル国対策のためE …

Read More »
2014全日本種目別ー長谷川智将

G.N.eyes

TEXT : MASARU “Taroken” MAEDA

Read More »
GymnasticsNews

全日本シニア体操競技選手権の日程・出場選手など

9月13日〜15日に北九州市立総合体育館で行われる全日本シニア体操競技選手権大会(旧全日本社会人選手権大会)の日程および班編制が発表されています。 女子1部では朝日生命のチュソビチナ選手が出場するほか、女子2部では内村航平選手のお母さんの内村周子さんがエントリーしています。 GymnasticsNewsでは今年も全日本シニア選手権1部、2部を取材に行きます! 全日本シニア体操競技選手権大会班編成について

Read More »
萱和麿

G.N.eyes

Read More »
2014全日本種目別ー植松鉱治

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 男子決勝の見所

7月5日(土)に行われた全日本種目別予選の結果により、翌日の決勝に出場する選手が決定した。 その見所とは・・・ 6月に行われたNHK杯で植松鉱治(KONAMI)は鉄棒の新しい演技構成を披露した。屈伸コバチ(E)〜かかえ込みコバチ(D)〜コールマン(F)の離れ技3連続を入れた思い切った構成だ。車輪からとび1回半ひねりをするリバルコ(D)で惜しくも落下してしまったが、それでも得点は15.100。 体操では「落下すると1点減点」とよく言われるが、実は減点はそれに留まらない。落下の原因となる技術的なミスに対しても別個に0.1以上減点されるため、実際には最低でも1.1減点されているのだ。逆算すると、植松 …

Read More »
鈴田佳祐のリ・セグァン

2014 コリアカップ 鈴田佳祐(福岡大学)のリ・セグァン

投稿 by 박지용.

Read More »