Home / taroken (page 4)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
2017高校選抜2位 梶田凪

高校選抜2017個人総合2位、梶田凪にインタビュー

2017年高校選抜松山大会で見事2位となった梶田凪選手(甲斐清和)に、今回の試合の振り返りや今後の目標についてお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »
2017高校選抜2位の橘汐芽

高校選抜2017個人総合2位、橘汐芽にインタビュー

高校選抜2017松山大会で個人総合2位に輝いた、橘汐芽選手(松蔭高校)に得意種目や今年の目標などをお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »
高校選抜2017初優勝の中路紫帆

高校選抜2017個人総合初優勝、中路紫帆にインタビュー

2017年高校選抜個人総合で初優勝を果たした中路紫帆選手(戸田翔陽)に、今回の演技の振り返りや今年の目標についてお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 中路紫帆 高校選抜優勝の鍵は?新年度あの人はどこへ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/31を聴く   ●第33回全国高等学校体操競技選抜の取材報告 ●第71回全日本個人総合:コナミにあの選手が入団!

Read More »
鈴木茂人 優勝

高校選抜2017個人総合初優勝、鈴木茂斗にインタビュー

2017年高校選抜松山大会で個人総合初優勝に輝いた鈴木茂斗選手(市立船橋高校)に、試合の振り返りやボローニンカップの感想、今年の目標などをお聞きしました。   Interview : Masaru “TAROKEN” Maeda Camera、Edit:Sohta Kitazawa

Read More »
優勝した中路紫帆

【速報】第33回全国高等学校体操競技選抜大会 結果

2017年3月24日、愛媛県総合運動公園体育館(愛媛県松山市)で第33回全国高校選抜大会が行われた。   今年から採用された新ルールに合わせて、新しい演技構成にみなが挑んだ。 各種目ごとに決められた新しい条件に多くの選手が手を焼く中、男子は市立船橋高校2年の鈴木茂斗が、つり輪を除く5種目で13点台後半から14点台中盤を揃えて初優勝した。   2位に6種目全てで13点以上を出した橘汐芽(松蔭高校)が入った。   3位は市立船橋の杉本海誉斗だった。清風高校は8位の三輪哲平が最高順位であった。   女子は平均台とゆかで最高得点を出した中路紫帆(戸田翔陽)が初優 …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違い

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/20を聴く   ●アメリカンカップのダイジェストを見よう ●内村がリンガーハットと契約 ●採点規則の販売開始 『採点規則 体操男子』2017年版 販売のお知らせ 『採点規則 体操女子』2017年版 販売のお知らせ   ●ダンサーの体の使い方 筋肉の名称 【動画のコーナー】 2016豊田国際:イグナチェフのつり輪 2016豊田国際:メルニコワの平均台 2016豊田国際:メルニコワのゆか TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »
メルニコワ・アンジェリーナ

2016豊田国際 メルニコワのゆか

バク転で加速し、それを上手く宙返りの高さに変えている。着地で跳ね返されているが、いずれもラインオーバー手前で止めている調整力も見事だ。   《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2016豊田国際 メルニコワの平均台

バランスを崩しかけているところが幾つかあるものの、閉脚スワンからのジャンプや切れのあるターンなど他の選手には見られない安定感がある。   《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
ニキータ・イグナチェフ

2016豊田国際 イグナチェフのつり輪

パワフルな力技を盛り込んだ上で、下り技にF難度の伸身新月面を持ってくるという質の高い演技である。 《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »