Home / taroken (page 40)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。

「失敗しない男」が崩れ落ちた日

内村が「失敗しない強さ」と評する加藤凌平。 「僕と凌平が役割を果たせば勝てる」と言う野々村笙吾。 Wエースが昨年の覇者、順天堂大を引っ張る。狙うは2連覇だ。 しかし崩れたのは加藤凌平だった。 跳馬の高難度技ロペスで着地が取れず崩れ落ちるように失敗。 「体が動きすぎて助走でスピードが出すぎた」と好調をアピールするが、 盤石の体制で首位奪還を狙ってきたコナミによる無言のプレッシャーは無関係ではないだろう。 そして負の連鎖か、野々村笙吾が得意の平行棒で落下。さらに鉄棒の降り技でトップバッターの吉岡が着地で両手をついてしまう。 終わってみれば日体大にも抜かれまさかの3位という結果に。 辛酸をなめた順天 …

Read More »

コナミ 全力の圧勝

決勝のオーダーリストが発表された時、勝負はついていたのかも知れない。 予選では今年加入のホープ白井勝太郎と今井裕之をオーダーに入れ、難度も抑え気味の構成で無難にこなし昨年覇者の順天堂大に0.8点差で1位につけた。加藤凌平(順天堂大)からも「想定の範囲内」という言葉が出るほどで、際立つものではなかった。 しかしそれは必勝を誓ったコナミのブラフだったのではないだろうか。 決勝のオーダーリストを見て唖然とした。白井、今井に替わってロンドン五輪代表の田中佑典と重鎮、小林研也を投入。 6種目の演技者3人がいずれもスペシャリストで、さながら個人種目別決勝のようだ。 そしてノーミスの実施。 2種目目のあん馬 …

Read More »

【コラム】もし・・・内村航平が全日本種目別に出ていたら

スペシャリストがここぞとばかりに持てる技を出し尽くした全日本体操種目別選手権。ひたすらDスコアを追い求めつつも、同じ難度でも俺の技はひと味違うぜと言わんばかりの技が飛び交い、審判員はその採点に頭を悩まし続ける。 そんな演技に観客は魅了されたが、それでも中にはまだ不満が残るというファンもおられることだろう。そう、あの内村航平が参加していなかったのだ。 もしここに内村が出ていたら、そんな妄想をいだくのは体操ファンの得意とするところである。そんな妄想をこのコーナーではしたためてみようと思う。 なお内村の得点は今シーズンの全日本個人総合予選・決勝およびNHK杯個人総合予選・決勝から得点の高いものを原則 …

Read More »