Home / taroken (page 5)

taroken

GymnasticsNews Radio Showのメインパーソナリティ、ライター。 学生時代に体操の選手の経験あり。体操ファン歴は中学生時代から。 静岡県体操協会男子3種審判資格あり。 ポッドキャスターとしては体操の他、Apple製品、IT関連、鉄道系の番組にも出演中。
寺本明日香の平均台

2017 AT&T アメリカンカップ ハイライト

寺本明日香が抜群の安定感で個人総合銀メダルに輝いた。 《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》

Read More »

GymnasticsNews Radio Show オーストラリア国際スペシャル!ダイジェスト動画で白井の新技解説も

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/4を聴く W杯オーストラリア国際結果 オーストラリア国際予選1日目ダイジェスト オーストラリア国際予選2日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝1日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝2日目ダイジェスト   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

オーストラリア国際決勝2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝2日目ハイライト。 跳馬で白井健三1位、谷川航3位。平行棒で白井2位。鉄棒で白井1位、齊藤優佑3位。鉄棒では齊藤優佑のカッシーナ(E)〜コバチ(D)の連続が見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
クリスチャン・ベルキ

オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝1日目ハイライト。 ゆかで白井健三が優勝、谷川航(順天堂大)が3位。あん馬はベルキ(ハンガリー)が、つり輪は中国が圧倒的な力を見せつけた。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
齊藤優佑

オーストラリア国際予選2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)予選2日目ハイライト。 白井健三が跳馬で新しくシェルボ跳び2回ひねり(ロンダート、1回ひねり後転跳び後方伸身宙返り2回ひねり;D5.4)に挑戦している。非常に珍しい跳び方だ。 また齊藤優佑(徳洲会)のコールマン(E)〜抱え込みゲイロード2(D)の連続も見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »
白井健三

オーストラリア国際予選1日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)1日目ハイライト。 新ルールで行われており白井健三(日体大)がゆかで、山室光史(コナミスポーツ)があん馬で新しい構成にチャレンジしている。

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒

GymnasticsNews Radio Show 2017/2/18を聴く   ○平成29年度静岡県の審判講習が全日本個人総合と被ってる! ○高校選抜の出場者は誰だ?男子 女子 ○内村航平、カッコイイ鉄棒で新技「ウチムラ」へ意欲   【動画のコーナー】 2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり) 2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »
金沢市総合体育館

【募集終了】3月24日(金)松山の高校選抜お手伝い募集(体操がわからなくてもOK)

【募集は終了しました】   2017年3月24日(金)に松山市の愛媛県総合運動公園体育館で行われる高校選抜の取材を手伝ってくれる方を1〜2名募集します。 体操の知識も取材の経験もなくてかまいません。家庭用ビデオカメラの簡単な管理(バッテリー交換、電源オンオフ、三脚を持って場所移動など)をお願いします。 時間は9:00頃から17:30頃まで。基本的に現地集合現地解散ですが、もし可能でしたら前日の晩に打ち合わせを兼ねて夕食をご一緒しましょう。 なお賃金、謝礼などは一切ありません。食事代、交通費も自己負担となりますので、その点をあらかじめご了解の上でお申し込みください。 当日はタロケンと北 …

Read More »
山室光史の平行棒

2016豊田国際 山室光史の平行棒(スローあり)

山室の平行棒はヤマムロ(棒下マクーツ;G)が入ったことで新たな得点源になった。2017年はこの平行棒を軸に、ゼネラリストとしてもスペシャリストとしても、国内での立ち位置を変えていくのではないだろうか。 Yamamuro (Basket to Makuts) by Koji Yamamuro. This new element made him a high scorer of PB.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱のあん馬&山室の平行棒で解説》   Camera:Yasuhiko “NAN …

Read More »
萱和磨のあん馬

2016豊田国際 萱和磨のあん馬(スローあり)

やや安定性を欠く部分があるものの、Dスコア7.0を通し切るところは流石だ。ベルキの雄大なスイングや、亀山耕平の顔上げなど難度を超えたアピールポイントが加わるとさらに評価が上がるのではないだろうか。 Kazuma Kaya succeeded in his PH routine of D 7.0 in Toyota International Gymnastics Competition 2016 despite a little lack of stability.   《GymnasticsNews Radio Show 内村の新技をタロケンが大胆予想?<演技解説>萱の …

Read More »