Home / Information

Information

大会の情報や体操協会からのお知らせやテレビ番組など”体操”に関わる様々な情報を更新します。

2017年(度)大会スケジュール追加

2016 豊田国際

2017年(度)大会スケジュールを更新しました。   以下の日程を追加しました。 8月8日~10日 第71回全日本学生体操競技選手権大会(インカレ) 富山市総合体育館 11月11日〜11月12日 第12回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会 山梨・緑が丘スポーツ公園体育館 12月9日〜10日 豊田国際体操競技大会 愛知・豊田市総合体育館 2018年3月25日 第34回全国高校体操競技選抜大会 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ 2018年3月27日 第18回全国体操小学生大会 大洗町総合運動公園体育館       Text : Masaru “T …

Read More »

Twitterフォロワー1000人突破記念壁紙プレゼント

フォロワー1000人突破記念PC用壁紙

GymnasticsNews公式Twitterアカウント@gymnewsjpのフォロワーが1000人を突破しました。 感謝の気持ちを込めて特製壁紙をプレゼントさせていただきます。 パソコン用とスマートフォン・タブレット用をご用意させていただきましたので、是非ダウンロードしてご利用ください。   パソコンで画像をクリックして拡大表示した後に、右クリックで「別名で保存」「ダウンロードする」などを選択するとダウンロードしていただけます。 【パソコン用】             【スマートフォン・タブレット用】   &nb …

Read More »

ゆかの新技「ゴシマ」

20160402五島誉博

五島誉博(仙台大学)のオリジナル技、ゆかの前方伸身宙返り3回半ひねりに「ゴシマ」の名前がついた。G難度。   2017年3月17日〜18日にドイツのシュツットガルトで行われたDTBチームカップに五島が出場し、そこでこの技を成功させたことからFIGに新技として認定された。   日本国内では以前から行っていた前方伸身宙返り3回半ひねりだが、新技に選手の名前がつく国際大会で成功させたのは今回が初めてだ。五島はFIGの公式ニュースに「日本シニア選手のニューカマー」として紹介されており、今後は国際大会でも注目を浴びることになるだろう。 またゆかの1回宙返りでG難度を取れるのは現在この …

Read More »

「GymnasticsNewsサポーター」開始のお知らせ

クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、「GymnasticsNewsサポーター」を開始しました。 月額¥500〜¥10000の中からお選びいただいた金額をGymnasticsNewsに支援していただけます。 GymnasticsNewsサポーター GymnasticsNewsの活動を続け、拡大していくためにも是非、ご支援をお願いします。

Read More »

【募集終了】3月24日(金)松山の高校選抜お手伝い募集(体操がわからなくてもOK)

金沢市総合体育館

【募集は終了しました】   2017年3月24日(金)に松山市の愛媛県総合運動公園体育館で行われる高校選抜の取材を手伝ってくれる方を1〜2名募集します。 体操の知識も取材の経験もなくてかまいません。家庭用ビデオカメラの簡単な管理(バッテリー交換、電源オンオフ、三脚を持って場所移動など)をお願いします。 時間は9:00頃から17:30頃まで。基本的に現地集合現地解散ですが、もし可能でしたら前日の晩に打ち合わせを兼ねて夕食をご一緒しましょう。 なお賃金、謝礼などは一切ありません。食事代、交通費も自己負担となりますので、その点をあらかじめご了解の上でお申し込みください。 当日はタロケンと北 …

Read More »

「体操ニッポンオフィシャルファンサイト」開設

日本体操協会

「体操ニッポンオフィシャルファンサイト」が開設されました。 体操競技をもっと身近に、より詳しく伝えてくれるとのことです。 GymnasticsNewsもそれに負けないよう頑張っていきます!

Read More »

誇りを胸に、最後の舞台へ

11月29日に行われる第69回全日本団体選手権大会決勝をもって、KONAMIの植松鉱治は現役引退することを決断した。   世界選手権では37年ぶりとなる団体での金メダルを獲得した日本代表メンバーが帰ってきて、それぞれのチームで優勝を争う今大会。 世界一の立役者の一人、内村航平擁するKONAMIはもちろん優勝候補だ。   最後の試合を前に植松は思いを語った。 「今回このチームの中の1人としてやらせてもらえることをすごく誇りに思う。少しでも優勝に貢献して、強さを見せれたらいいかなと。それで気持ち良く体操人生を終えられるなって思ってきている」     &nbs …

Read More »

鶴見虹子、今大会で引退

鶴見虹子(日体大)が28日から代々木体育館で行われる全日本団体選手権をもって引退することを表明した。   鶴見は現在の日本女子体操界の礎を気付いた立役者だ。鶴見が世界デビューした2007年のドイツ・シュツットガルト世界選手権で、日本女子体操は12年ぶりとなるオリンピック団体出場権を獲得した。 2009年のロンドン世界選手権では個人総合銅メダル、種目別段違い平行棒で銀メダルという日本女子体操界としては快挙を成し遂げ、2011年の全日本個人総合では史上初の6連覇という偉業を達成している。 そんな鶴見も2012年ロンドンオリンピック以降は怪我が続いた。2013年には右足首の靭帯剥離、さらに …

Read More »

植松鉱治、引退を決断

11月28、29日に代々木第一体育館で開催される全日本団体選手権を最後に、KONAMIの植松鉱治が現役を引退することを明かした。 「引退は去年から決めていた。世界選手権に出場できなかったらやめよう、と」 自らを追い込むためだった。 もう一度勝負するために。 そしてあと一歩のところで出場権を逃し、決意は固まった。     大阪で生まれた植松は小学校1年生で体操と出合い、体操の名門・清風高校、仙台大学を経てKONAMIへと進み、当時まだ徳洲会体操クラブが社会人のトップに君臨する中、KONAMIをトップチームへと押し上げた。 得意種目である鉄棒は世界トップレベル。 今年9月に行わ …

Read More »

日本女子、リオ五輪出場決定!

村上茉愛ゆか

10月23日・24日にイギリス・グラスゴーで行われた女子予選で、日本女子団体は6位となり、見事2016年リオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得した。 内山由綺(スマイル体操クラブ)の左かかと負傷で代打出場となった村上茉愛が得意の跳馬でユルチェンコ2回ひねり(D5.8)を決めると、宮川紗江(セインツ体操クラブ)がチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D6.2)。 波に乗った日本体操女子は、得点源の段違い平行棒で寺本明日香(中京大)が思い通りの演技を見せると、右膝の怪我を抱えながらも杉原愛子(梅花高)が着地まで止める完璧な演技。これには坂本ヘッドコーチも仰け反って大拍手を送る。 平 …

Read More »