Home / Report / 2016全日本シニア体操競技選手権大会

2016全日本シニア体操競技選手権大会

【速報】2016プレミアム体操東京エキシビジョン

齊藤優佑

2016年10月16日(日)、全日本シニア選手権の熱気が残る東京体育館で2016プレミアム体操東京エキシビジョンが行われた。     男女とも種目ごとに3〜4人が演技し、採点はなくルールにも囚われず、体操競技の色々な側面を楽しめるエキシビジョンとなった。 武田一志(徳洲会)が跳馬で、今のルールでは認められない伸身とびを見せれば、杉原愛子(朝日生命/梅花高校)は平均台で新技の脚持ち2回ターンを含めた最大の演技構成を披露する。     加藤凌平がゆかで、普段は行わないゴゴラーゼ(C)をやって見せると、宮川紗江(セインツ体操クラブ)はゆかで4本とも伸身ダブルを …

Read More »

【速報】全日本シニア体操競技選手権 男子

徳洲会優勝

2016年10月15日(土)、東京体育館にて全日本シニア体操競技選手権大会の2日目が行われた。     男子団体は徳洲会体操クラブ(以下、徳洲会)が優勝した。団体総合では8年ぶりの優勝となる。2位のコナミスポーツクラブ(以下、コナミ)とは8点近くの大差をつけた。     男子の最終班となる3班で、コナミは平行棒から、徳洲会は跳馬からのスタートとなった。今回の団体戦は6-6-5-制で、一般的に考えればチーム6人全員が全6種目を演技するというルールで行われた。 コナミは2種目の鉄棒までは1位を維持したものの、エースの内村を腰痛で欠き、田中佑典と山室はリオ五輪 …

Read More »

【速報】全日本シニア体操競技選手権 女子

杉原愛子

2016年10月14日(金)、東京体育館で全日本シニア体操競技選手権の1日目が行われた。     女子はこの1日で全日程が行われ、リオ五輪代表の杉原愛子、オクサナ・チュソビチナを擁する朝日生命が連覇を果たした。       リオ五輪後、代表選手の体調不良による欠場やペースダウンが目立つ中、いち早く杉原愛子は全種目のDスコアアップに取り組んできた。段違い平行棒では車輪を全て排除した構成でおり技でも組み合わせ加点を取る。     弱点だった跳馬でも、今や世界標準となった伸身ユルチェンコ2回ひねりに挑戦し、ゆかと並んで今大会最高の …

Read More »