Home / Report / 2017全日本ジュニア体操競技選手権

2017全日本ジュニア体操競技選手権

【速報】全日本ジュニア1部 最終日

全日本ジュニア優勝

2017年8月17日、中華街からほど近い横浜文化体育館で全日本ジュニア選手権の最終日が行われた。     この日、男子では市立船橋や清風、インターハイを制した埼玉栄などの強豪チームが出場し観客席からの声援も昨日までとは比べ物にならない程、熱のこもったものになった。     男子団体総合を制したのは市立船橋高校体操クラブで、インターハイの雪辱を果たした。埼玉栄体操クラブはあん馬で思うように得点を稼げず、2位となった。   3位は清風体操クラブだったが2位の埼玉栄とは0.05という僅差で、いつひっくり返ってもおかしくない接戦だった。   …

Read More »

【速報】全日本ジュニア1部 2日目

梶田凪の段違い平行棒

2017年8月16日、横浜スタジアムから程近い横浜文化体育館(神奈川県)で全日本ジュニア選手権1部の2日目が行われた。     女子3班には全日本上位の常連となった梶田凪が所属する山梨ジュニア体操クラブが登場し、注目を集めた。ゆかからのスタートで順調に練習を重ねる山梨ジュニア。しかしそこで思わぬアクシデントが起こる。     エースの梶田凪がゆかの練習中に脚を負傷し、急遽ゆかと跳馬の演技を取りやめることとなったのだ。全日本ジュニア団体戦は6-6-5制で、一人を欠くと残り5人にミスが許されず出場選手に重圧がかかる。     試合開始前か …

Read More »

【速報】全日本ジュニア1部 1日目

豊田望のゆか

2017年8月15日、みなとみらいから程近い横浜文化体育館(神奈川県)にて全日本ジュニア選手権1部の1日目が行われた。     全国から様々な選手が集う中、目を引いたのは世界選手権代表選手である宮川紗江(セインツ体操クラブ)の存在だ。     1班の4組となった宮川紗江はゆかからのスタート、しかも最初の演技者となった。1班開始早々に今大会最高難度の演技とは審判泣かせだ。3本目のシリバス(H)では頭が低い着地となって大きく2歩、脚が前に出たものの、なんとか踏みとどまる。13.900と得点は抑えられたものの、1班終了時点ではゆかの最高得点となった。 &nbs …

Read More »