Home / Report / 2018ワールドカップ東京大会

2018ワールドカップ東京大会

ワールドカップ東京大会2018 女子結果

村上茉愛

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われ、女子個人総合が争われた。       女子の第一種目、跳馬では1番手に村上茉愛(日体大)が登場。得意の伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)を鮮やかに決め、14.566で波に乗った。ドスサントス(フランス)も同じ技を跳ぶが着地が乱れる。     トーマス(アメリカ)と杉原愛子(朝日生命)は伸身ユルチェンコ1回半ひねり(D5.0)を跳ぶが、やはり着地で1歩2歩、脚が出てしまう。     段違い平行棒で目を引いたのはザイツ(ドイツ)とドスサントスだ。ザイツ …

Read More »

ワールドカップ東京大会2018 男子結果

白井健三

2018年4月14日(土)、東京体育館にてワールドカップ東京大会が行われた。日本でワールドカップが行われるのは2014年以来4年ぶりだ。       男子第一種目のゆかでは、目を惹いたのはやはり白井健三(日体大)だ。伸身リ・ジョンソン(H)の着地姿勢がやや低かったり、最後の4回ひねりで脚が1歩前に出るなど、いつもよりはやや安定感を欠きながらも15.200の高得点でスタートダッシュを決めた。谷川航(順天堂大)も得意の着地をしっかり止めて14.500で白井に続いた。       あん馬では白井が新しく取り入れた、身体の向きを変えながら場端 …

Read More »