Home / Report (page 10)

Report

取材した大会のレポートを更新。現場からの臨場感あふれるレポートをお届けします。

【速報】第70回全日本体操種目別選手権トライアル 結果

佐藤巧

2016年4月2日、東京・代々木第一体育館で全日本体操種目別選手権トライアルが行われた。 種目別トライアルは全日本個人総合にエントリーしていない男子選手が、6月25日に行われる全日本種目別選手権予選への出場権を得るための大会である。 各種目ごとのエントリーのため選手数にはばらつきがあり、最も多いゆかで70名弱、最も少ないつり輪では30名弱がその妙技を争った。   大会中、最も注目を浴びたのは佐藤巧(徳洲会)だ。右手首に怪我を抱えながらもゆか、つり輪、跳馬の3種目にエントリーした佐藤巧はゆかで屈伸前宙ダブル(E)や後方宙返り4回ひねり(F)などの大技を次々と繰り出しながら、着地もほとん …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016 予選結果

予選を2位で通過した杉原愛子

2016年4月1日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女予選が行われた。   男子は加藤凌平(コナミスポーツ)が唯一の90点台である90.150を出し、追いすがる田中佑典(同)を振り切って予選1位通過を果たした。田中は平行棒でヤマムロ、マクーツを成功させ16.000、鉄棒で15.550と加藤に迫ったが89.800とわずかに届かなかった。 3位は野々村笙吾(セントラル)、4位は神本雄也(日体大)だった。   亀山耕平(徳洲会)は得意のあん馬で15.700の最高得点を出し、他の5種目も無難にまとめて28位で決勝進出を決めた。 山室光史(コナミスポーツ)は跳馬でロペス(D6 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016 公開練習&試合前記者会見

つり輪の十字懸垂の姿勢を確認する内村航平

2016年3月31日、東京・代々木第一体育館で全日本個人総合の公式練習および試合前記者会見が行われた。   今シーズン最初の大会でもあり、かつリオデジャネイロオリンピックの代表選考にも繋がる重要な大会である。大会を翌日に控え、サブ会場と競技会場の2区画に分けられた中で、多くの選手がひしめき合いつつ自分の課題を確認していた。         また同日、記者会見が行われた。順天堂大学からコナミスポーツに入社した加藤凌平は内村航平と一緒に記者会見に臨み、1枠のみの個人総合での五輪代表を狙いたいと語った。   TEXT : Masaru “T …

Read More »

【速報】第32回全国高等学校体操競技選抜大会2016結果

湯浅賢哉と土橋ココ

2016年3月21日、石川県は金沢市総合体育館で第32回高校選抜大会が行われた。   毎年、3年生が卒業した後の時期に行われるこの大会は1・2年生のみのフレッシュな顔ぶれで行われる。しかしながら男子に関しては2週間後に行われる全日本個人総合の出場権もかかっているだけに、この試合にかかる熱量は計り知れない。   熱戦を制したのは湯浅賢哉(市立船橋高校)だった。持ち前の安定感を発揮し、つり輪以外の5種目で14点台を揃えての優勝だった。 2位は0.3点差で谷川翔(同)だった。3位にはつり輪と跳馬でこの日の最高点を出した春木三憲(清風高校)が入った。 4位は山田元大(市立船橋高校) …

Read More »

赤い闘志、青い闘志 〜 田中和仁 Part 2

田中和仁のあん馬

昨年の世界選手権で日本は37年ぶり(オリンピックを除く)の団体金メダルを獲得した。 「佑典の団体金メダルは嬉しかったですね。空港で会ってメダルを見せてもらいました。」 嫉妬心はなかったという。一昨年の南寧世界選手権(0.1点差で中国に敗れて団体銀メダル)のことがあったので、金が取れてよかったという気持ちが強かった。 しかし自分もあの輪の中にいたいという感情は湧き上がってきた。もう1回代表になりたいと切に思った。 田中和仁にとって団体戦は難しいという。学生の頃は表彰台レベルではなかったので、ずっと個人で戦ってきた。団体戦ではチームで戦うため気持ちが昂りやすい。 個人戦では闘志は青いイメージ。だが …

Read More »

31歳のラストチャンス 〜 田中和仁 Part 1

田中和仁

「今年がラストチャンス、東京はさすがに無理ですね」と田中和仁(徳洲会)は語る。 5月に誕生日を迎える。代表に選ばれればリオ五輪の時には31歳になっている。 気づけば自分より上の国内現役選手は桑原俊(朝日生命体操クラブ:34歳)と塚原直哉(同:38歳)の2人しかいない。同期では最後になった。 だが、それだからこそやれるところまではやりたい。 肩の手術を乗り越えて迎えた昨年の世界選手権代表選考は、若手の台頭もありどこまでできるかわからなかった。 全日本個人総合、NHK杯と続けてあん馬でミス。代表入りが遠のく中で考えたのはナショナル入りの確保だ。 ナショナルとは日本体操協会が認定する強化指定選手のこ …

Read More »

約束 〜 亀山耕平

2016新春公開練習 亀山耕平

2016年1月10日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた新春公開練習。亀山耕平(徳洲会)は跳馬の腕の振り上げを何度も確認していた。 リオデジャネイロオリンピック代表に入るには6種目全てをこなす必要がある。6種目をしっかり作り込めばあん馬の仕上がりも上がってくるだろう。そう考え残り5種目も真剣に取り組んでいる。 できることなら種目別あん馬で代表入りを勝ち取りたい。しかし今年のオリンピック代表枠5人は、すでに決定している内村航平(コナミスポーツ)を除けば、個人総合で1人、チーム貢献度で3人と決まった。亀山の立ち位置はかなり厳しい。誰が個人総合枠で代表入りを決めるかにも左右される。 だが …

Read More »

日本体操競技・器械運動学会第29回大会レポート

水島宏一

2015年12月20日、日本大学文理学部百周年記念館国際会議場で日本体操競技・器械運動学会第29回大会が行われた。   午前中は都内の小学校教諭、教育委員会指導主事やスポーツ庁教科調査官を迎えて器械運動の指導要領についてのシンポジウムが行われた。 コーディネーターを務めたのはソウルオリンピック団体総合銅メダリストであり現在は東京学芸大学准教授の水島宏一氏だった。   午後は体操競技中心のレクチャーや研究発表が続いた。 遠藤幸一氏により体操競技における「新技開発の役割」が動画でレクチャーされた他、段違い平行棒の前方かかえ込み2回宙返り下りの着地を安定させるための考察が、新竹優 …

Read More »

豊田国際2日目記者会見 ダイジェスト動画

豊田国際2日目記者会見のダイジェスト動画です。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo

Read More »

豊田国際2日目 ダイジェスト動画

コモワ平均台

2015年12月13日、豊田国際体操2日目が愛知県のスカイホール豊田で開催された。 平均台ではビクトリア・コモワ(ロシア)が貫禄の優勝 男子跳馬では安定した跳躍を2本見せた白井健三が優勝、期待された小倉佳祐は1本目に転倒があり5位という結果に。 平行棒では実力者、田中佑典が優勝し加藤凌平も銅メダルに輝いた。 女子ゆかの優勝はアファナセワ、前宙1回ひねりからの前方かかえ込み2回宙返りを見せた宮川紗江は0.05点差で銀メダルとなった。 鉄棒はスペシャリスト田中佑典が堂々の金メダルに輝いた。   Video:Yasuhiko “Nanoni” Kondo TEXT : Masaru “TA …

Read More »