Home / Report (page 4)

Report

取材した大会のレポートを更新。現場からの臨場感あふれるレポートをお届けします。

【速報】インターハイ予選2日目

ゆかの演技に臨む橘汐芽

2017年8月3日、昨日に引き続きインターハイ予選の2日目が酒田市国体記念体育館(山形県)で行われた。     男子団体では日体大荏原高校(東京都)が予選3位通過となった他、鯖江高校(福井県)が5位で予選通過した。     男子個人総合ではつり輪以外の5種目でバランスよく得点を伸ばした橘汐芽(松蔭高校;東京都)が8位で予選通過した。       予選9位の大久保圭太郎(鯖江高校;福井県)は跳馬でロペス(D5.6)を成功させ、男子予選全演技で唯一の15点台である15.050を叩き出した。またつり輪でも最高得点の14.150を出 …

Read More »

【速報】インターハイ予選1日目

畠田瞳のゆか

2017年8月2日、山形県は酒田市国体記念体育館でインターハイ男女予選1日目が行われた。     男子団体で暫定トップに立ったのは上位3名合計で252.750の市立船橋高校(千葉県)だった。市立船橋は技の難度も正確さも頭一つ抜けている実施が目立った。暫定2位は清風高校(大阪府)の244.700だった。あん馬とつり輪で得点が伸ばせなかったことが順位に影響した。     男子個人総合の暫定トップは市立船橋高校の杉本海誉斗だった。あん馬以外の5種目で14点台を出し85.150で暫定首位に立った。     暫定2位には富山商業高校(富山県)の …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権女子決勝 結果

寺本明日香

2017年6月25日(日)、群馬県高崎市の高崎アリーナにて全日本種目別選手権女子の決勝が行われた。       跳馬はチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)と伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)を成功させた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が優勝した。2位に塙颯香(フジスポーツクラブ)が、3位に文堂日南子(ならわ体操クラブ)が入った。     段違い平行棒は、細かなミスまで極力抑えた演技で13.950を出した畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原)が初優勝した。2位に寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学)が入った。   …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子決勝 結果

6月25日(日)、昨日に引き続き高崎アリーナ(群馬県高崎市)にて全日本種目別選手権の男子決勝が行われた。         男子ゆかは白井健三(日体大)の5連覇となった。シライ3(伸身リ・ジョンソン;H)を入れたD7.2の構成で15.550を出した。2位はほとんどの着地を止めた谷川航(順天堂大)で15.000だった。       あん馬は波乱の展開だった。上位が予想された後半の演技者4名のうち前野風哉(鹿屋体育大)、萱和磨(順天堂大)、千葉健太(同)の3名が全員落下。結果的に予選8位通過だった杉野正尭(鹿屋体育大)が14.75 …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権女子予選 結果

2017年6月24日(土)、高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権女子の予選が行われた。       女子跳馬は宮川紗江(セインツ体操クラブ)がトップ通過、2位は村上茉愛(日体大)だった。3位には文堂日南子(ならわ体操クラブ)が入った。     文堂日南子の他、5位の塙颯香(フジスポーツ)など予選通過者8名のうち4名が世界選手権に出場可能な年齢に達しておらず、女子跳馬におけるジュニアの台頭が目立った。 段違い平行棒は畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原)がトップ通過、2位に寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学)と内山由綺(早稲田大学/スマイ …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権男子予選 結果

大久保圭太郎

2017年6月24日(土)、群馬県高崎市に今春オープンした高崎アリーナにて第71回全日本種目別選手権の男子予選が行われた。       男子ゆかでは白井健三(日体大)が唯一の15点台でトップ通過した他、自身の名前が付いた技を持つ五島誉博(仙台大学)が3位通過、順天堂大学1年生の中川将径が6位通過となった。       あん馬は千葉健太(順天堂大)が14.750でトップ通過、2位には同じく順天堂大の萱和磨が続いた。内村航平(リンガーハット)は新しい構成をまとめ4位で予選通過となった。         …

Read More »

【速報】2017NHK杯 男子結果

5月21日、前日の女子に続き、男子のNHK杯が東京体育館で行われた。 連覇を目論む内村航平(リンガーハット)とそれを阻止し、さらに世界選手権への切符をつかもうと、田中佑典(コナミスポーツ体操競技部)、白井健三(日体大)らが熱い戦いを繰り広げた。   決着がついたのは最終種目。内村が逆転で白井を下し、NHK杯9連覇を果たした。「6種目で集中力を切らさずに、全日本後からやってきたことができた」と納得の表情。そんな内村と対照的だったのは、3位の田中佑だ。持ち点で2位につけた田中佑だったが、「反応良く動く体を制御し切れなかった」と第一種目のゆかで13.500と出遅れ、徐々に調子を戻すも、後半 …

Read More »

【速報】2017NHK杯 女子結果

2017年5月20日、東京体育館で女子NHK杯が行われた。     4月に行われた全日本時個人総合の得点を持ち点とし、この日行われた大会との合計点でNHK杯の順位が決まる。また上位2名は今年、カナダのモントリオールで行われる世界選手権の代表となる。     スタート時点の持ち点で2位の杉原愛子(朝日生命)に2点の差をつけている村上茉愛(日体大)は、今大会でもその盤石ぶりを見せつけた。 第一種目の跳馬では伸身ユルチェンコ2回半ひねり(D5.8)こそ温存し2回ひねり(D5.4)に留めたものの、14.700の好発進で波に乗る。そしてそのまま最終種目のゆかまで、 …

Read More »

【速報】第71回全日本個人総合 決勝 結果 薄氷の10連覇

全日本個人総合 内村の鉄棒

2017年4月9日(日)、東京体育館にて全日本個人総合の決勝が行われた。   男子は10連覇が期待されながらも予選で平行棒にミスが出て4位通過となった内村航平(リンガーハット)に、いつも以上の注目が集まった。   内村はゆかを目立ったミスなく乗り切り、予選の不調を払拭したかに見えた。しかし次のあん馬の下り技でバランスを崩して腕が曲がるミス。つり輪は無難に通したが、跳馬はリー・シャオペンと比べて0.6も価値点が低いシューフェルト(D5.2)のため、それほど点が伸びない。種目を終えるたびに電光掲示板の暫定1位の位置には内村の名前が挙がったり、他の選手の名前が上がったりと安定しな …

Read More »

【速報】全日本体操種目別選手権男子トライアル 結果

20170408亀山耕平 トライアル

2017年4月8日(土)、東京体育館にて全日本種目別男子トライアルが行われた。   種目別トライアルに参加したのは前日の全日本個人総合予選の出場権がないものの、6月に行われる全日本種目別選手権の予選への出場を希望するスペシャリスト達だ。全日本個人総合予選とこの種目別トライアルを合わせた各種目上位24名が全日本種目別予選への出場権を得る。   世界選手権の金メダリスト亀山耕平(徳洲会)がトライアルでその力を爆発させた。抜群の安定感で、前日の個人総合予選を含めてあん馬唯一の15点台である15.250をマークし、種目別予選への切符をしっかりと手にした。     …

Read More »