Home / Video

Video

スタッフの撮影した動画や、YOUTUBEに投稿されている体操に関する動画のページです。

2017全日本ジュニア 桒嶋姫子の平均台

桒嶋姫子の平均台

後ろとびひねり前方かかえ込み宙返り(F)、バク転(B)からの後方かかえ込み宙返り1回ひねり(F)と、アクロバット系の技の難度では世界のトップと渡り合える。 どちらもひねりが入っているだけに難しいが、如何に安定した着地に収められるかが勝負所だろう。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 豊田望のゆか

豊田望のゆか

ターンや3回ひねりなど、全体的にキレのいい動きを見せている。着地も安定しており、さすが体操女子ナショナルチームと思わせる演技だ。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 天野敢太のゆか

天野敢太

ややひねり不足があり着地で弾かれてしまってはいるものの、後方伸身宙返り4回ひねり(F)を成功させている。 他のシリーズを見ても脚が強いことがよくわかる。来年、大学に進学しさらに力をつけて来るだろう。楽しみである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 前田楓丞のつり輪

前田楓丞のつり輪

何と言っても注目は終末技の後方抱えこみ3回宙返り下り(G※)だ。つり輪の3回宙は世界的に見てもかなり珍しい。高さがあり、着地を取りに行く余裕も見られる。 下りに行く前の倒立でバランスを崩しかけたが、立て直して落ち着いて下りに持ち込んでいるところもさすがである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda ※初出時FとなっていましたがGの誤りでした。お詫びして訂正します。

Read More »

2017全日本ジュニア 芦川うららの平均台

芦川うららの平均台

演技全体の安定感が高い上に、ミスが出そうになった時の処理がうまく、減点を最小限に抑えている。2年連続で全日本種目別3位となっているが、演技構成の難度が上がるとトップに立つことも十分ありうる。

Read More »

2017全日本ジュニア 宮川紗江の跳馬

宮川紗江

チュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり)のDスコアは5.8で、世界のトップ選手が行う伸身ユルチェンコとび2回半ひねりと同じだ。あとは高さと安定感をどこまで伸ばせるか。 この跳躍では着地の時点で少し頭の位置が低く、腰が曲がった状態での着地になってしまっている。もう少し高さが出るとEスコアが上がり、さらに得点が伸びるだろう。

Read More »

2017高校選抜 花島なつみのゆか

花島なつみのゆか

世界中の誰もが知るジャズの名曲「イン・ザ・ムード」と独特の世界観で観客を引き込む花島なつみのゆかは、もはや女子ゆかの名物と言ってもいいだろう。昨年と比べてジャンプやターン、シリーズの難度も上がっており、この先が楽しみである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 中路紫帆の段違い平行棒

中路紫帆の段違い平行棒

マロニー(D)〜ひねり移動倒立(D)、大逆手前方車輪1回ひねり(D)〜イエガー(D)の連続をはじめ、構成の大部分が高難度の技で占められている。その上で体線が美しく、着地のミスはあるものの全体的に質の高い演技となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 村山覚人の鉄棒

村山覚人の鉄棒

はなれ技もさることながらアドラー1回ひねり逆手(E)、シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D)、ホップターン(C)、アドラーひねり(D)など回転系の中技の難度が高く、大学生や社会人並みの正確な捌きを見せている。今後は鉄棒のスペシャリストへの進化が楽しみだ。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 前田楓丞の平行棒

前田楓丞

爪先まで伸びたきれいな体線を維持しつつ、最後まで落ち着いて実施している。また下り技は世界でも最先端の前方かかえ込み2回宙返りひねり(F)を取り入れておりDスコアも高い。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »