Home / Video

Video

スタッフの撮影した動画や、YOUTUBEに投稿されている体操に関する動画のページです。

2017高校選抜 花島なつみのゆか

花島なつみのゆか

世界中の誰もが知るジャズの名曲「イン・ザ・ムード」と独特の世界観で観客を引き込む花島なつみのゆかは、もはや女子ゆかの名物と言ってもいいだろう。昨年と比べてジャンプやターン、シリーズの難度も上がっており、この先が楽しみである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 中路紫帆の段違い平行棒

中路紫帆の段違い平行棒

マロニー(D)〜ひねり移動倒立(D)、大逆手前方車輪1回ひねり(D)〜イエガー(D)の連続をはじめ、構成の大部分が高難度の技で占められている。その上で体線が美しく、着地のミスはあるものの全体的に質の高い演技となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 村山覚人の鉄棒

村山覚人の鉄棒

はなれ技もさることながらアドラー1回ひねり逆手(E)、シュタルダーとび1回半ひねり片大逆手(D)、ホップターン(C)、アドラーひねり(D)など回転系の中技の難度が高く、大学生や社会人並みの正確な捌きを見せている。今後は鉄棒のスペシャリストへの進化が楽しみだ。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 前田楓丞の平行棒

前田楓丞

爪先まで伸びたきれいな体線を維持しつつ、最後まで落ち着いて実施している。また下り技は世界でも最先端の前方かかえ込み2回宙返りひねり(F)を取り入れておりDスコアも高い。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 河崎真理菜の平均台

さすがリオ五輪代表候補だけあって、0.1の減点すら極力させないまでに完成度の高い演技となっている。技が終わった後の安定感が非常に高く、2回ターンの後以外はふらつきも見せない。上がり技もE難度の後方伸身開脚宙返り上がりで攻めており、攻守の両面で力を見せつけた演技と言える。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 松村朱里の段違い平行棒

移動はなれ技が2つ、その内1つはシャポシニコワハーフ(E)という国内では珍しい技を取り入れている。はなれ技も単発ではなくシュタルダー1回ひねり(D)からギンガー(D)を連続で行なっており難度が高い。それでいて減点箇所が抑えられており、優勝にふさわしい演技となっている。   ※初出時、動画内の名前の読みが間違っていました。お詫びして訂正いたします。ご指摘いただきありがとうございました。 Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 杉本海誉斗の平行棒

大学生や社会人に引けを取らない高難度の構成だ。3E 4D 3CでDスコアは6.0に達する。細かいミスが多いが、それを難度でカバーしての種目別優勝となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 鈴木茂斗の平行棒

種目別で2位となった鈴木茂斗(市立船橋高校)の平行棒。高校生としては安定感の高い演技である。無理して難度を上げることなく、Eスコアの向上を目指しており、好感が持てる。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 梶田凪の段違い平行棒

梶田凪の段違い平行棒

演技中、常に足首から爪先までがまっすぐに伸びており、足先の割れも最小限に抑えられている。倒立位置からのずれもほとんどなく、非常に美しい演技となっている。   Camera、Edit:Sohta Kitazawa Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017高校選抜 梶田凪の跳馬

梶田凪の跳馬

最近、国内でも増えてきた伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)。伸身ユルチェンコ1回ひねりと比べてDスコアで0.8上がるため、4種目しかない女子の中ではこの跳馬のDスコアによって4種目の合計点が大きく左右される。 この実施ではひねり始めが早すぎて宙返りの高さが出ず、そのため頭が低い着地になってしまっているが、それでも着地で大きく乱れることなくまとめているのはさすがである。   Edit:Sohta Kitazawa Camera、Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »