Home / Video (page 2)

Video

スタッフの撮影した動画や、YOUTUBEに投稿されている体操に関する動画のページです。

2017全日本マスターズ 市場俊之の跳馬

市場俊之の跳馬

59歳で24回目の出場、2006年にはマスターズ表彰も受けている市場俊之(小金井クラブ)の跳馬。腕を痛めて3種目のみの出場となった。 今は難度表から削除された屈伸とびだが、この跳躍は着地をとるのが難しい。着手後の切り返しがしっかりできないと、跳馬を飛び越すことはできても、頭から突っ込んでしまいかねない。 この跳躍では着手の際の突きがきちんと行われており、上体を起こして着地に持ち込んでいる。着手後に左右のバランスを崩しかけるが、両腕を左右非対称にすることで着地までにバランスを立て直している。 見た目の派手さはないが、堅実な跳躍である。   Text : Masaru “TAROKEN” …

Read More »

2017全日本マスターズ 内村周子の平均台

内村周子の平均台

個人総合年代別50代で2位となった内村周子(スポーツクラブ内村)の平均台。 多少コミカルな演出もあるが、全く落ちる気配のない台上側転は10代の現役選手でも簡単にできるものではない。後ろ脚を高く上げたバランスや柔軟の表現も然りである。 手で支えない開脚座は他の選手には見られない、オリジナルの動作であるが10cmしかない平均台でこれを安定して行うのはかなりの練習が必要と思われる。 最後の側転下りも着地まで考えて丁寧に実施されており、全体的に質の高い演技となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本マスターズ 駒田孝光のゆか

駒田孝光のゆか

個人総合年代別60代で初優勝した駒田孝光(アイリス多治見HotGC)のゆか。 1本目の前方宙返りからの転回のスムーズな流れや柔軟の見せ方など、とても60代とは思えない表現をしている。 また現在の採点規則では削除されてしまった側宙は、現役のトップ選手でも「後方宙返り4分の1ひねり」になってしまうことがあるが、はっきりと側方宙返りであることを見せている。 最後のシリーズでもロンダートからバク転に行くところでしっかりと加速しており、着地まで丁寧に演技している。 体操に取り組み始めた学生選手には、ぜひお手本にしてもらいたい演技である。   Text : Masaru “TAROKEN” Ma …

Read More »

2017全日本ジュニア 桒嶋姫子の平均台

桒嶋姫子の平均台

後ろとびひねり前方かかえ込み宙返り(F)、バク転(B)からの後方かかえ込み宙返り1回ひねり(F)と、アクロバット系の技の難度では世界のトップと渡り合える。 どちらもひねりが入っているだけに難しいが、如何に安定した着地に収められるかが勝負所だろう。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 豊田望のゆか

豊田望のゆか

ターンや3回ひねりなど、全体的にキレのいい動きを見せている。着地も安定しており、さすが体操女子ナショナルチームと思わせる演技だ。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 天野敢太のゆか

天野敢太

ややひねり不足があり着地で弾かれてしまってはいるものの、後方伸身宙返り4回ひねり(F)を成功させている。 他のシリーズを見ても脚が強いことがよくわかる。来年、大学に進学しさらに力をつけて来るだろう。楽しみである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本ジュニア 前田楓丞のつり輪

前田楓丞のつり輪

何と言っても注目は終末技の後方抱えこみ3回宙返り下り(G※)だ。つり輪の3回宙は世界的に見てもかなり珍しい。高さがあり、着地を取りに行く余裕も見られる。 下りに行く前の倒立でバランスを崩しかけたが、立て直して落ち着いて下りに持ち込んでいるところもさすがである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda ※初出時FとなっていましたがGの誤りでした。お詫びして訂正します。

Read More »

2017全日本ジュニア 芦川うららの平均台

芦川うららの平均台

演技全体の安定感が高い上に、ミスが出そうになった時の処理がうまく、減点を最小限に抑えている。2年連続で全日本種目別3位となっているが、演技構成の難度が上がるとトップに立つことも十分ありうる。

Read More »

2017全日本ジュニア 宮川紗江の跳馬

宮川紗江

チュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり)のDスコアは5.8で、世界のトップ選手が行う伸身ユルチェンコとび2回半ひねりと同じだ。あとは高さと安定感をどこまで伸ばせるか。 この跳躍では着地の時点で少し頭の位置が低く、腰が曲がった状態での着地になってしまっている。もう少し高さが出るとEスコアが上がり、さらに得点が伸びるだろう。

Read More »

2017高校選抜 花島なつみのゆか

花島なつみのゆか

世界中の誰もが知るジャズの名曲「イン・ザ・ムード」と独特の世界観で観客を引き込む花島なつみのゆかは、もはや女子ゆかの名物と言ってもいいだろう。昨年と比べてジャンプやターン、シリーズの難度も上がっており、この先が楽しみである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »