Home / Tag Archives: あん馬(PH) (page 4)

Tag Archives: あん馬(PH)

2013リューキン国際 あん馬 田浦誠也

Read More »

2013リューキン国際 あん馬 倉島大地

Read More »

『チャレンジャー』として・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.3(最終回)

あん馬のスペシャリストとしての地位を確立させた亀山耕平。 しかし最終目標はあくまでオリンピックだ。 結果を残したことでその気持ちはさらに強くなった。 あん馬とともに戦う覚悟がここで語られる。  「選んだ」のではなく「選ばれた」道 ――11月2、3日には全日本選手権の団体戦がありました。徳洲会体操クラブのチームとしても強くなっていきたいという思いはありますか。 亀山 そうですね。ほんとみんなで競い合って強くなっていきたい。そのために今は、個々として強くなるためにみんなが頭を使って、チームとしての底上げをしながら、よりチームワークを発揮できるように頑張るっていうような段階です。その過程を作っている …

Read More »

チャンピオンの風格 男子あん馬優勝 亀山耕平

これが王者の強さなのか。 世界チャンピオンの亀山耕平(徳洲会体操クラブ)が見事に優勝を果たした。 だがそのすごさは結果だけではわからない、演技からにじみ出る風格と自信なのだろう。 演技序盤のセア倒立で大きくバランスを崩し、倒立が後ろに大きく反った。「落ちる」と誰もが思ったその時、状態を元に戻し、何事もなかったかのように演技を再開。結局最後まで乱れることなく着地を決めた。あん馬は常に回転してなくてはいけないため、一度バランスを崩すとその後の立て直しが難しい。さらに倒立があれほど反ったところから戻すのも普通は不可能だ。試合後に本人も「あれはたまたま。たくさんのお客さんがいたので落ちたくなかった」と …

Read More »

オールラウンダーの意地 男子あん馬2位 加藤凌平

加藤凌平(順天堂大学)は今や日本で内村に次ぐオールラウンダーだ。 そのことをしっかり示して見せた。日本人選手が苦手とするあん馬でスペシャリストの亀山耕平に次ぐ2位でフィニッシュした。あまりに乱れが少ないため、高難度の技は入れていないのではないかと錯覚させるほどだ。 それでもDスコア6.200と11人中3位タイの構成だ。だがEスコアはトップ。オールラウンダーとしての意地を見せた。 TEXT:CHIHARU ABE

Read More »

【速報】豊田国際体操競技大会 ダイジェストムービー 1日目  

豊田国際体操競技大会2013 1日目のダイジェストムービーです。

Read More »

『不変』と『変化』・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.2

体操競技に触れたことがない人なら誰でも、その神秘的な世界に引き込まれていくだろう。 決して想像ができないその時間の中で何を考え、何を見ているのか――。 その世界に少しだけ入り込んでいく。 そして亀山が語る、自身の変化とは。 いつも通りにやることと 『ねばれ、ねばれ』 ――ここからは世界選手権での演技を振り返っていただこうと思います。決勝の演技は満足のいくものでしたか? 亀山 いや、あんまり満足ではないですね。決勝の演技が終わった後に、「あ、ちょっと微妙だったな」って思ったんです。「完璧だ!」っていうのがなかったんですよ。 ――手ごたえがなかった。 亀山 はい。とりあえず最後まで行けた、「よっし …

Read More »

導かれし”道”の先に・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.1

世界選手権初出場ながら、あん馬の種目で金メダルを獲得。これは2003年の鹿島丈博以来2人目の快挙だ。 15.833の高得点をたたき出し、初出場とは思えないほど落ち着いた印象を受けたが、金メダルへの自信はなかったのだという。 では彼を頂点へと導いたものとはいったいなんだったのか。確実に世界にその名を知らしめた亀山耕平の本音に迫る。 正しい方向で努力をしてきた ――世界選手権での金メダルおめでとうございます! 亀山 ありがとうございます。日の丸を背負って世界で活躍するっていうことが一つの夢だったので、それがかなったかな、と。 ――大会前には自信はどの程度あったのでしょう。 亀山 自信は……結構聞か …

Read More »

【コラム】届かなかった想い 〜スペシャリストたちのドラマ〜

2013年、技のスペシャリストたちが競う全日本体操種目別選手権の舞台で、亀山耕平が用意してきたのはDスコア6.9。派遣標準得点の15.800を超え、優勝をするために準備してきた。高難度の技をいくつも入れ、それでもすみずみまで神経をいきわたらせたその演技は見るものを魅了した。 しかし下り技の直前、落下。-1.0の原点はあまりにも大きい。「悔しい。それだけ」演技後亀山は気持ちを隠すことはなかった。スポーツにおいてたられば、は禁句だが、攻めた結果だっただけに成功していれば、の気持ちが強くなる。 あん馬を苦手とする日本人選手において15.800を出すことは相当難しい。だがそれが不可能ではないことをいず …

Read More »