Home / Tag Archives: つり輪(RS)

Tag Archives: つり輪(RS)

市船の新星 安達太一に独占インタビュー

    昨年は1年生ながら市立船橋高校の主力選手として主要な大会に出場し、今年ますますの活躍が期待される安達太一選手にお話を伺いしました。 (2018年2月1日 ナショナル選手強化合宿にて)    ジュニアからシニアまで一緒に行う強化合宿は今回が初めてですか? 安達 いえ、去年1回来たことがあります。    去年の強化合宿はどうでしたか? 安達 去年は初めて見る人が多くて緊張して、自分のやりたいことが思い切って出来なかったです。    今年の強化合宿はどうですか? 安達 去年はいろんな経験もしてこういう場にも慣れてきて、積極的に練習できるように …

Read More »

Kenzo SHIRAI 白井健三 / JPN / G.N. eyes at MONTREAL

47th Artistic Gymnastics World Championships 2017 MONTREAL (CAN) Kenzo SHIRAI 白井健三 / JPN / MON 2 OCT 2017 Time18:07 世界選手権取材報告会

Read More »

2017全日本ジュニア 前田楓丞のつり輪

前田楓丞のつり輪

何と言っても注目は終末技の後方抱えこみ3回宙返り下り(G※)だ。つり輪の3回宙は世界的に見てもかなり珍しい。高さがあり、着地を取りに行く余裕も見られる。 下りに行く前の倒立でバランスを崩しかけたが、立て直して落ち着いて下りに持ち込んでいるところもさすがである。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda ※初出時FとなっていましたがGの誤りでした。お詫びして訂正します。

Read More »

2016豊田国際 山室光史のつり輪

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

Read More »

【速報】第71回全日本個人総合 会場練習&試合前記者会見

内村航平 会場練習

2017年4月6日(木)青空の下、東京体育館にて2017年全日本個人総合の会場練習と試合前記者会見が行われた。   今シーズン初の大会であり、多くの選手にとって新ルールに臨む初めての試合となる。ほとんどの演技構成が新しくなり不安も期待もある中で、各選手は会場での調整に余念がなかった。   プロとして初の試合となる内村航平(リンガーハット)は平行棒を20分程度サブ会場で行ったのみだった。 記者会見では先日行われたW杯の得点の傾向を分析し、高難度の演技よりも、Dスコアを抑えた演技を減点なく実施した方が高得点につながるとの判断を語った。 まだ疲れがあり体力が戻りきっていない事もあ …

Read More »

2016豊田国際 イグナチェフのつり輪

ニキータ・イグナチェフ

パワフルな力技を盛り込んだ上で、下り技にF難度の伸身新月面を持ってくるという質の高い演技である。 《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

クリスチャン・ベルキ

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝1日目ハイライト。 ゆかで白井健三が優勝、谷川航(順天堂大)が3位。あん馬はベルキ(ハンガリー)が、つり輪は中国が圧倒的な力を見せつけた。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際予選1日目ハイライト

白井健三

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)1日目ハイライト。 新ルールで行われており白井健三(日体大)がゆかで、山室光史(コナミスポーツ)があん馬で新しい構成にチャレンジしている。

Read More »

2016豊田国際 つり輪の3回宙返り下り【スローモーション付】

クレッシンク・ニック

  2016年豊田国際でクレッシンク・ニック(ドイツ)が行ったつり輪の後方かかえ込み3回宙返り下り(F)。 着地で片足が後ろに1歩出てしまっているが、実施されることが少ないつり輪の3回宙返り下りとしては比較的まとまっている。来年から採用される新ルールでは全般的に3回宙返りの難度が上がるため、今後は見られる機会が増えるかもしれない。   Camera:Yasuhiko “NANONI” Kondo Edit:Sohta Kitazawa 《GymnasticsNews Radio Show 豊田国際と3回宙で解説》

Read More »

2016インターハイ 春木三憲のつり輪【スローモーション付】

春木三憲

春木三憲(清風高校)は高校生とは思えないくらい力強い演技が特徴だ。 このつり輪ではその力強さが遺憾なく発揮されている。 構成に取り入れられている力技も後転中水平(F)、後ろ振り上がり上水平(D)、後ろ振り上がり中水平(E)、ホンマ直接十字懸垂(D)とシニアのトップ選手として十分、通用する内容となっている。 《GymnasticsNews Radio Show 2016/11/19で解説》 Podcast: Download

Read More »