Home / Tag Archives: ワールドカップ(World Cup)

Tag Archives: ワールドカップ(World Cup)

GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違い

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/20を聴く   ●アメリカンカップのダイジェストを見よう ●内村がリンガーハットと契約 ●採点規則の販売開始 『採点規則 体操男子』2017年版 販売のお知らせ 『採点規則 体操女子』2017年版 販売のお知らせ   ●ダンサーの体の使い方 筋肉の名称 【動画のコーナー】 2016豊田国際:イグナチェフのつり輪 2016豊田国際:メルニコワの平均台 2016豊田国際:メルニコワのゆか TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

2017 AT&T アメリカンカップ ハイライト

寺本明日香の平均台

寺本明日香が抜群の安定感で個人総合銀メダルに輝いた。 《GymnasticsNews Radio Show アメリカンカップを見よう!器械体操とダンサー〜身体の使い方の違いで解説》

Read More »

GymnasticsNews Radio Show オーストラリア国際スペシャル!ダイジェスト動画で白井の新技解説も

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/3/4を聴く W杯オーストラリア国際結果 オーストラリア国際予選1日目ダイジェスト オーストラリア国際予選2日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝1日目ダイジェスト オーストラリア国際決勝2日目ダイジェスト   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

オーストラリア国際決勝2日目ハイライト

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝2日目ハイライト。 跳馬で白井健三1位、谷川航3位。平行棒で白井2位。鉄棒で白井1位、齊藤優佑3位。鉄棒では齊藤優佑のカッシーナ(E)〜コバチ(D)の連続が見られる。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際決勝1日目ハイライト

クリスチャン・ベルキ

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)決勝1日目ハイライト。 ゆかで白井健三が優勝、谷川航(順天堂大)が3位。あん馬はベルキ(ハンガリー)が、つり輪は中国が圧倒的な力を見せつけた。   TEXT : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

オーストラリア国際予選1日目ハイライト

白井健三

種目別のみで行われたオーストラリア国際(W杯メルボルン大会)1日目ハイライト。 新ルールで行われており白井健三(日体大)がゆかで、山室光史(コナミスポーツ)があん馬で新しい構成にチャレンジしている。

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 松山で飲み会する?神本雄也のつり輪&村上茉愛の平均台の演技解説

作戦会議ロゴ

GymnasticsNews Radio Show 2017/2/3を聴く   ○海外大会情報 ヒューストン国際ジュニア大会 オーストラリア国際 スタンフォード大対抗戦 アメリカンカップ   ○全日本学生体操連盟の平成29年度の計画が発表 ○高校選抜:松山で飲み会する? 松山市公式観光WEBサイト   【動画のコーナー】 2016豊田国際:神本雄也のつり輪 2016豊田国際:村上茉愛の平均台   TALK : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2014/12/10公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2014/12/10 iPhone、iPadのPodcastアプリへの登録 ◯豊田国際の参加選手が発表 ◯海外の大会 ・FIGワールドカップ個人総合・ドイツ大会 ・FIGワールドカップ個人総合・イギリス大会 【今回の動画】 ブランドン・ウイン選手のつり輪 ※Youtube版は後ほど掲載させていただきます。   who is also a sweet snugglebug movie2kHow to Start a Clothing Line Online Verizon Business to Provide Global IP f …

Read More »

コンマ以下の戦い ヴァネッサ・フェラーリ

バネッサ・フェラーリ

大技で推す新世代が制す戦い、かに見えた。 跳馬ではヴィクトリア・ムアーズ(カナダ)、ロクサナ・ポーパ・ネデルク(スペイン)、マーガレット・ニコルス(アメリカ)の3選手がユルチェンコ2回ひねりを決めた。 段違い平行棒ではムアーズがシュタルダー・トカチェフ(E)〜パク宙返り(D)、ポーパ・ネデルクが4つの離れ技の後に伸身ムーンサルト(E)、ニコルスがフット屈伸トカチェフ(E)〜パク宙返り(D)と、多彩な離れ技を見せる。 そしてゆかではムアーズの世界最高難度の大技、伸身新月面(I)が飛び出すのは目に見えている。 けっしてイタリアの女王であり世界トップレベルのヴァネッサ・フェラーリのDスコアが低いわけ …

Read More »

他を寄せ付けぬ勝利 内村航平

内村を見つめる加藤

一分の隙もない見事な勝利だった。 今シーズンに向けて難度を上げた構成で試合に臨んだ王者、内村航平(KONAMI)は、ゆかの15.600を皮切りに次々と各種目の最高得点をマーク。 やや疲れが見えた平行棒こそシュー・シーフォン(中国)、加藤凌平(順天堂大学)の後塵を拝したものの、最終種目の鉄棒では、直前に落下した加藤を尻目にF難度の大技フェドルチェンコで着地をピタリと止め、観衆を唸らせると共に、追いかけるハンビュヘン(ドイツ)を苦笑いさせた。 早々と世界選手権への切符を手に入れた内村だが、「会見で言われるまで忘れていた」とそれを気にかける素振りも見せず、「今後の大会では様子を見ながらさらに難度を上 …

Read More »