Home / Tag Archives: 世界選手権(World Gymnastics Championships)

Tag Archives: 世界選手権(World Gymnastics Championships)

GymnasticsNews Radio Show インターハイとインカレ報告・最後のお願い!

GymnasticsNews Radio Show 2017/8/16を聴く   ●インターハイ結果と取材振り返り   ●インカレ結果と取材振り返り   ●全日本ジュニア     ●最後のお願いです!モントリオール世界選手権:クラウドファンディングで支援募集中     Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

インカレ2017 1部初日直後、杉野正尭にインタビュー

世界選手権代表候補となった杉野正尭選手(鹿屋体育大学)に、インカレ1部の団体・個人総合を終えた直後、インカレの振り返りや世界選手権への想い、代表合宿での様子などをうかがいました。

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権取材クラウドファンディング開始!取材地獄も開始。

  GymnasticsNews Radio Show 2017/8/1を聴く   ●モントリオール世界選手権:クラウドファンディングで資金募集 ●インカレも動画OK 全日本学生体操連盟ホームページ  ●全日本ジュニア選手権 手伝ってくれる方募集 ●インターハイに向かってるかな? ●2017年度体操競技ナショナル選手 男子歴代ナショナル選手 女子歴代ナショナル選手 ●亀山耕平のぶろぐ

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 世界選手権に向けて準備中、段違い平行棒をどこで撮るか?

  GymnasticsNews Radio Show 2017/7/22を聴く   ●モントリオール世界選手権:クラウドファンディングで資金募集   ●インターハイの日程   http://2017soutai.jp/media/004/201707/男子体操競技抽選結果.pdf http://2017soutai.jp/media/004/201707/女子体操競技抽選結果.pdf   インターハイ手伝ってくれる方募集     ●タロケンの審判体験2回目は? 静岡県ジュニア選手権   ●株式会社ジョイカルジャパ …

Read More »

モントリオール世界選手権のクラウドファンディングを開始しました

世界選手権クラウドファンディング

2017年10月2日から8日までカナダのモントリオールで行われる世界選手権へ取材に行くことを決定しました。取材に行くのはタロケン、北澤の2名です。 海外取材のため渡航費や宿泊費などGymnasticsNewsとしては異例の高額な費用が必要となります。そのため月額でご支援いただいている「GymnasticsNewsサポーター」とは別に、世界選手権取材のためのクラウドファンディング 「GymnasticsNewsが初の海外取材で世界選手権に挑戦!」 を開始しました。日本を出発してから帰国までの模様やカナダの大自然からカナダの鉄道に至るまで、その全てをリアルタイムでお届けします。 また2018年1月 …

Read More »

なぜ宮地秀享は内村航平に勝てなかったのか?

宮地秀享

2017年6月25日に高崎アリーナで行われた全日本種目別選手権の男子決勝は、近年稀にみる白熱した戦いとなった。     あん馬ではギリギリで予選を通過した杉野正尭(鹿屋体育大)がまさかの初優勝。平行棒では「名手の家系」と言われながら、これまで種目別のタイトルを取れなかったロンドン五輪、リオ五輪代表の田中佑典(コナミスポーツ)が芸術的とも言える実施で種目別初優勝を果たした。 しかしながら種目別選手権の真骨頂はここからだった。     最終種目の鉄棒は世界でも類を見ない大技の応酬となった。決勝進出者8人のうち実に5人が世界的にも珍しいはなれ技を繰り出したので …

Read More »

【速報】全日本種目別選手権女子決勝 結果

寺本明日香

2017年6月25日(日)、群馬県高崎市の高崎アリーナにて全日本種目別選手権女子の決勝が行われた。       跳馬はチュソビチナ(前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり;D5.8)と伸身ユルチェンコ2回ひねり(D5.4)を成功させた宮川紗江(セインツ体操クラブ)が優勝した。2位に塙颯香(フジスポーツクラブ)が、3位に文堂日南子(ならわ体操クラブ)が入った。     段違い平行棒は、細かなミスまで極力抑えた演技で13.950を出した畠田瞳(セントラル目黒/日体大荏原)が初優勝した。2位に寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学)が入った。   …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 種目別の見どころ。モントリオールをどうするか?

  GymnasticsNews Radio Show 2017/6/23を聴く   ●第71回全日本体操競技種目別選手権大会 去年の種目別は? ●緊急会議!モントリオールをどうするか? ●タロケンの初審判はどうだったのか? 次の審判は静岡県ジュニア選手権 【動画のコーナー】 2017高校選抜:松村朱里の段違い平行棒 2017高校選抜:河崎真理菜の平均台   Talk : Masaru “TAROKEN” Maeda、Sohta Kitazawa

Read More »

内村圧勝の陰に潜む危機感と希望

NHK杯は内村航平(リンガーハット)の9連覇で幕を閉じた。体調が万全ではなく、全体的に難度を下げて臨みながらも、ミスのない演技で連覇を果たしたその姿は、まさしく王者だった。2位、白井健三(日体大)との差はわずかに0.350。だが、「小さな点差の中に大きな壁を感じている」という白井の言葉どおり、内村と白井の間には簡単には埋まらない差があるように感じた。また、3位、田中佑典(コナミスポーツ体操競技部)と白井との差が0.750。田中佑がミスのない演技をしていれば、この順位は変わっていたのではないかとも思える。2位以下の選手たちは、1つ1つのミスが命取りとなるが、内村に関しては自身の持つ技を出すことが …

Read More »

【速報】2017NHK杯 女子結果

2017年5月20日、東京体育館で女子NHK杯が行われた。     4月に行われた全日本時個人総合の得点を持ち点とし、この日行われた大会との合計点でNHK杯の順位が決まる。また上位2名は今年、カナダのモントリオールで行われる世界選手権の代表となる。     スタート時点の持ち点で2位の杉原愛子(朝日生命)に2点の差をつけている村上茉愛(日体大)は、今大会でもその盤石ぶりを見せつけた。 第一種目の跳馬では伸身ユルチェンコ2回半ひねり(D5.8)こそ温存し2回ひねり(D5.4)に留めたものの、14.700の好発進で波に乗る。そしてそのまま最終種目のゆかまで、 …

Read More »