Home / Tag Archives: 亀山耕平(Kohei Kameyama) (page 8)

Tag Archives: 亀山耕平(Kohei Kameyama)

【速報】豊田国際体操競技大会 1日目  

2013年は12月14、15日で行われる豊田国際。種目別で争う国際大会であり、今年最後の大会だ。会場となった愛知県のスカイホール豊田は、多くのファンで埋め尽くされ、温かい歓声で包まれる中、14日は男子がゆか、あん馬、つり輪の3種目、女子は跳馬、段違い平行棒の2種目が行われた。 ザネッティ圧巻の演技 その演技は圧巻だった。オリジナル技の「ザネッティ」こそ温存したものの、力で引き上げての中水平には姿勢欠点はなく、振動技からの力静止技でもつり輪は微動だにしない。 下り技の伸身ムーンサルトも着地をピタリと決め、静と動を完全にコントロールした隙の無い演技で、Eスコアにうるさい日本の審判も15.875の高 …

Read More »

『不変』と『変化』・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.2

体操競技に触れたことがない人なら誰でも、その神秘的な世界に引き込まれていくだろう。 決して想像ができないその時間の中で何を考え、何を見ているのか――。 その世界に少しだけ入り込んでいく。 そして亀山が語る、自身の変化とは。 いつも通りにやることと 『ねばれ、ねばれ』 ――ここからは世界選手権での演技を振り返っていただこうと思います。決勝の演技は満足のいくものでしたか? 亀山 いや、あんまり満足ではないですね。決勝の演技が終わった後に、「あ、ちょっと微妙だったな」って思ったんです。「完璧だ!」っていうのがなかったんですよ。 ――手ごたえがなかった。 亀山 はい。とりあえず最後まで行けた、「よっし …

Read More »

導かれし”道”の先に・・・:亀山耕平選手ロングインタビューVol.1

世界選手権初出場ながら、あん馬の種目で金メダルを獲得。これは2003年の鹿島丈博以来2人目の快挙だ。 15.833の高得点をたたき出し、初出場とは思えないほど落ち着いた印象を受けたが、金メダルへの自信はなかったのだという。 では彼を頂点へと導いたものとはいったいなんだったのか。確実に世界にその名を知らしめた亀山耕平の本音に迫る。 正しい方向で努力をしてきた ――世界選手権での金メダルおめでとうございます! 亀山 ありがとうございます。日の丸を背負って世界で活躍するっていうことが一つの夢だったので、それがかなったかな、と。 ――大会前には自信はどの程度あったのでしょう。 亀山 自信は……結構聞か …

Read More »

体操ニッチトークNEO 2013年12月04日更新

今週は・・・ 世界選手権で初出場ながら男子あん馬で優勝した亀山耕平選手のロングインタビューを大公開!! 世界選手権での裏舞台の話や、実際に演技している VTRを見ながら意外な答えが!! ファンならずとも、多くの方々に聞いていただきたい、お話を沢山していただきました!!。 またGymnasticsNewsでは、今回のインタビューをテキスト化+きたざわ君の力の入った写真で大公開!! http://gymnasticsnews.jp/archives/1417 こちらも是非見てね!!

Read More »

世界選手権金メダリスト亀山耕平選手ロングインタビューまもなく公開

先日、徳洲会体操クラブにおじゃまして取材してきました、世界選手権金メダリスト亀山耕平選手ロングインタビューですが、ようやく記事、インタビュー音源を含め公開準備がほぼ終了しました。 現在、関係各所に最終チェックをお願いしておりますので、もうまもなく公開できると思います。 今しばらくお待ちください!!

Read More »

体操ニッチトークNEO 2013年 09月03日更新

久しぶりの収録となった今週は!! 世界選手権日本代表として初の代表入りをした亀山耕平選手のロングインタビュー!!。 選手への初のロングインタビューに挑戦したタロケン&ちはるが繰り出す質問に本当に丁寧に真摯にお答えいただきました。つたない質問に丁寧にお答えいただく亀山選手に人となりが垣間見える貴重なインタビューとなりました。 是非、世界選手権で戦う亀山耕平選手の応援よろしくお願いいたします。

Read More »

【コラム】届かなかった想い 〜スペシャリストたちのドラマ〜

2013年、技のスペシャリストたちが競う全日本体操種目別選手権の舞台で、亀山耕平が用意してきたのはDスコア6.9。派遣標準得点の15.800を超え、優勝をするために準備してきた。高難度の技をいくつも入れ、それでもすみずみまで神経をいきわたらせたその演技は見るものを魅了した。 しかし下り技の直前、落下。-1.0の原点はあまりにも大きい。「悔しい。それだけ」演技後亀山は気持ちを隠すことはなかった。スポーツにおいてたられば、は禁句だが、攻めた結果だっただけに成功していれば、の気持ちが強くなる。 あん馬を苦手とする日本人選手において15.800を出すことは相当難しい。だがそれが不可能ではないことをいず …

Read More »