Home / Tag Archives: 全日本個人総合(All Japan Individual All-Around) (page 2)

Tag Archives: 全日本個人総合(All Japan Individual All-Around)

男子は接戦、女子は小6が通過! ー 全日本個人総合トライアル

個人総合トライアル

2016年11月11日(金)、東京・代々木第一体育館で第71回全日本個人総合男女トライアルが行われた。     男子は上位18名、女子は上位12名に2017年の全日本個人総合への出場権が与えられる。それは即ち来年の世界選手権の代表選考に加わることを意味する。学生から社会人まで、是が非でも欲しい権利だ。     男子は1位の横山聖(コナミスポーツ)と18位の中川将径(習志野高校)との点差が1.8と、まさに0.1を争う戦いになった。       上位18名には白井勝太郎(コナミスポーツ)、今林開人(セントラルスポーツ)など社会人 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016決勝 結果

白井健三

2016年4月3日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女決勝が行われた。   男子は内村航平(コナミスポーツ)が9連覇を果たした。決して好調とは言えず、跳馬のリー・シャオペンでは両手を突くミス。さらに平行棒でマクーツの際にバーに足をぶつけ動きが止まりかける。   しかし最後の鉄棒では全観客が見守る中、着地まで含めて完璧な実施。拍手と歓声の中で試合を締めて見せた。   2位争いは波乱の展開だった。田中佑典(コナミスポーツ)が2種目目のあん馬で早くも落下し、得意の平行棒と鉄棒で共に16点台を出すなど猛追したが届かず6位に終わる。   予選で90点台を出 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016 予選結果

予選を2位で通過した杉原愛子

2016年4月1日、東京は代々木第一体育館で全日本個人総合男女予選が行われた。   男子は加藤凌平(コナミスポーツ)が唯一の90点台である90.150を出し、追いすがる田中佑典(同)を振り切って予選1位通過を果たした。田中は平行棒でヤマムロ、マクーツを成功させ16.000、鉄棒で15.550と加藤に迫ったが89.800とわずかに届かなかった。 3位は野々村笙吾(セントラル)、4位は神本雄也(日体大)だった。   亀山耕平(徳洲会)は得意のあん馬で15.700の最高得点を出し、他の5種目も無難にまとめて28位で決勝進出を決めた。 山室光史(コナミスポーツ)は跳馬でロペス(D6 …

Read More »

【速報】第70回全日本体操個人総合選手権大会2016 公開練習&試合前記者会見

つり輪の十字懸垂の姿勢を確認する内村航平

2016年3月31日、東京・代々木第一体育館で全日本個人総合の公式練習および試合前記者会見が行われた。   今シーズン最初の大会でもあり、かつリオデジャネイロオリンピックの代表選考にも繋がる重要な大会である。大会を翌日に控え、サブ会場と競技会場の2区画に分けられた中で、多くの選手がひしめき合いつつ自分の課題を確認していた。         また同日、記者会見が行われた。順天堂大学からコナミスポーツに入社した加藤凌平は内村航平と一緒に記者会見に臨み、1枠のみの個人総合での五輪代表を狙いたいと語った。   TEXT : Masaru “T …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.1

【第69回全日本体操個人総合選手権 2015】 男子は内村航平(コナミスポーツ)が8連覇達成。 女子は全種目で14点台をマークした寺本明日香(中京大学/レジックスポーツ)が、迫る内山由綺(スマイル体操クラブ)を0.05点差で振り切り初優勝した。 [Best_Wordpress_Gallery id=”34″ gal_title=”第69回全日本体操個人総合選手権 2015″]

Read More »

ケガを乗り越え手にしたもの

  苦しんだ分だけ、笑顔は輝く。   日体大の鶴見虹子が復活を果たした。 4月24日から行われた全日本個人総合選手権。 予選ではほぼノーミスの演技で2位。続く決勝は平均台で2度の落下などはあったが、それでも5位に食い込んだ。 誰もが待ち望んだ日本のエースがついに戻ってきた。   最終種目のゆかの演技を終え応援席に向かって手を振った鶴見は、ゆかからおりた瞬間、溢れ出す涙を止めることができなかった。 その場から動くこともできず、ただただ泣き続け、仲間に支えられながら奥へと姿を消した。 「悔しいのと、ちょっとホッとしたのと、両方あったかなと思います」 涙の理由をそう話し …

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 2015/5/1公開

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2015/5/1 ○全日本個人総合 結果 ○NHK杯 【動画のコーナー】 ○ヨー2とリー・シャオペン  ○男子初のH難度認定 ブレットシュナイダー

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 男女決勝

加藤凌平

第69回全日本体操競技選手権大会3日目の26日(日)、男女決勝が東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は内村航平(KONAMI)が史上初となる8連覇を達成した。 「これまでにないくらい、朝起きた時に気持ちが上がってこなかった」と会見で語った内村ではあったが、一部の種目で難度を落としたものの、終わってみれば大過失なく乗り切っての優勝だった。 2位には田中佑典(KONAMI)が滑り込んだ。予選3位の加藤凌平(順天堂大)との持ち点の差はわずか0.05。1種目目のゆかでは両者とも15.400と全くの互角だったが、2種目目のあん馬で加藤があっさりと逆転。 跳馬では田中佑典がドリッグス(伸身カサマツとび …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 女子予選&男子種目別トライアル

笹田夏美

昨日に引き続き、第69回全日本体操競技選手権大会の女子予選および男子種目別トライアルが、25日(土)東京・代々木第一体育館で行われた。 女子予選1班では鶴見虹子(日体大)の演技が群を抜いていた。得意の段違い平行棒で14.900の高得点をマークすると、続く平均台でも14.900。他の2種目もミスのない演技で、1班終了時点では暫定2位の桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)に4.0の大差を付けての暫定1位となった。 2班が終わっても鶴見虹子の暫定1位は揺るがないが、暫定2位に内山由綺(スマイル体操クラブ)が入った。平均台のバク宙で落下があったものの、得意の段違い平行棒で鶴見を上回る15.400を叩き出 …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 男子予選(後半)

男子予選結果

男子予選後半に出場した2班には、内村航平(KONAMI)を初めとするトップ選手がずらりと顔を並べた。 抽選の結果あん馬からスタートとなった内村だが、ほとんどミスなく乗り切ると波に乗った。跳馬では予告通りリー・シャオペンを成功させ、鉄棒では15.900をマークした。 内村は最後のゆかまでミスの気配すら見せず92.150でトップ通過となった。 予選2位通過となったのは田中佑典(KONAMI)だった。あん馬こそ降り技でミスが出たものの、得意の平行棒と鉄棒で高得点を連発し、それをカバーした。 暫定3位は加藤凌平(順天堂大)となった。持ち前の、守りに入った時の強さを発揮し、安定して得点を積み重ねた。 今 …

Read More »