Home / Tag Archives: 内村周子(Shuko Uchimura)

Tag Archives: 内村周子(Shuko Uchimura)

2017全日本マスターズ 内村周子のゆか

内村周子のゆか

個人総合年代別50代で2位となった内村周子(スポーツクラブ内村)のゆか。 タンブリングではロンダート〜バク転や転回などとても滑らかに実施している。バレエの動きが目立つが体操のターンもしっかりと行なっている。 そしてそういった動きや技だけでなく、何よりも演技全体がユーモアに溢れている。観客だけでなく審判をも楽しませてしまう演技は、天性のものだろう。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

2017全日本マスターズ 内村周子の平均台

内村周子の平均台

個人総合年代別50代で2位となった内村周子(スポーツクラブ内村)の平均台。 多少コミカルな演出もあるが、全く落ちる気配のない台上側転は10代の現役選手でも簡単にできるものではない。後ろ脚を高く上げたバランスや柔軟の表現も然りである。 手で支えない開脚座は他の選手には見られない、オリジナルの動作であるが10cmしかない平均台でこれを安定して行うのはかなりの練習が必要と思われる。 最後の側転下りも着地まで考えて丁寧に実施されており、全体的に質の高い演技となっている。   Text : Masaru “TAROKEN” Maeda

Read More »

【速報】全日本マスターズ 初日

輝操会

2017年10月28日(土)、四日市市中央緑地体育館(三重県)にて全日本マスターズ選手権の初日が行われた。     この全日本マスターズ選手権は、前日の全日本シニア選手権とは趣をがらりと変え、全国の体操愛好家が年に1度集い、日頃の体操への取り組みの成果を披露する場となっている。     Dスコア、Eスコアの区分はなく10点満点で採点され、得点には年齢も考慮される。年齢層も10代から70代と幅が広い。     また現行ルールにとらわれず、これまでの体操競技の歴史の中で培われた技や表現が、危険技を除いて全て認められる。そのため、昨今の大会 …

Read More »

第49回全日本マスターズ体操競技選手権大会2016 女子結果

内村周子

2016年9月3日、東京・エスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)で第49回全日本マスターズ選手権の1日目が行われた。     全日本マスターズ選手権とは、体操の愛好者が集う旧全日本シニア選手権2部を本年より改名したもので、旧シニア選手権1部とは分離して開催される運びとなった。 なお旧シニア選手権1部は「全日本シニア体操競技選手権」として10月に東京体育館にて開催される。     1日目は男子前半と女子の競技が行われた。女子は10代から60代までという非常に幅広い年齢層の体操愛好家が全国から集結し、現在の体操競技の枠を飛び越えた様々な妙技を披露し …

Read More »

【速報】第48回全日本シニア体操競技選手権大会(2015)2部1日目

内村周子の平均台

第48回全日本シニア体操競技選手権大会2部1日目が、昨日の1部に引き続き福井県・鯖江市総合体育館で行われた。   2部では選手の世代が10代から60代と幅広く、現行ルールとは異なり10点満点で採点される。今では禁じ手となった技や動きも許容される。試合への取り組み方も選手によってそれぞれに異なるため、コミカルなものから教科書通りの技捌きまで、実に多彩な演技が見られた。   従来の試合に留まらない幅の広さと懐の深さが全日本シニア2部の魅力となっており、20年以上エントリーし続ける選手もいる程である。   男子は全7班の内、4班までの演技が行われた。残る5〜7班の演技が …

Read More »

メディア掲載のお知らせ

2014シニアー内村周子;平均台

9月20日 8:00〜 MBS(全国TBS系列)放送の情報番組”知っとこ”(http://www.mbs.jp/shittoko/)にてGymnasticsNews撮影の写真が使用される事になりました。 第47回全日本シニア選手権 女子2部 内村周子選手の写真です。 写真のみの出演(笑)ですが、お時間のある方は是非ご覧下さい。

Read More »

【速報】初出場の内村周子が女子2部50代で1位ー第47回全日本シニア選手権2日目

2014シニアー内村周子;平均台

第47回全日本シニア体操競技選手権大会2日目が14日に北九州市立総合体育館で行われた。開催されたのは男子2部の前半と女子2部である。 注目された内村航平の母、内村周子(スポーツクラブ内村)は初出場ながら50代(ベスト2種目)で堂々の1位に輝いた。平均台の演技では会場内のすべての視線を集め、館内は静まりかえった。モスクワ及びストラスブール世界選手権元代表の沢木綾子(ルーデンス・スポーツクラブ)は0.050差で2位だった。 30代(ベスト3種目)の1位には江里口奈緒(藤村クラブ)が、40代(ベスト3種目)の1位には竹鶴奈奈(ルーデンス・スポーツクラブ)が、60代(ベスト2種目)の1位には鈴木和代( …

Read More »

全日本シニア体操競技選手権の日程・出場選手など

GymnasticsNews

9月13日〜15日に北九州市立総合体育館で行われる全日本シニア体操競技選手権大会(旧全日本社会人選手権大会)の日程および班編制が発表されています。 女子1部では朝日生命のチュソビチナ選手が出場するほか、女子2部では内村航平選手のお母さんの内村周子さんがエントリーしています。 GymnasticsNewsでは今年も全日本シニア選手権1部、2部を取材に行きます! 全日本シニア体操競技選手権大会班編成について

Read More »