Home / Tag Archives: 内村航平(Kohei Uchimura) (page 10)

Tag Archives: 内村航平(Kohei Uchimura)

長崎がんばらんば国体の観戦について

笑顔の内村

内村航平(KONAMI)が出場する国体体操15日(水)の成年決勝の観戦について、長崎がんばらんば国体長崎市実行委員会から次のようなお知らせが発表されています。 ・観戦には無料の入場券が必要 ・希望者が多数の場合は入場制限もあり得る ・パブリックビューイングがある 詳細は「長崎がんばらんば国体体操競技の観覧を希望される皆様へ(お知らせ)」をご覧ください。 体操競技 – 2014 長崎がんばらんば国体・長崎がんばらんば大会   computer aided designing youjizzH to open first Alabama store in Huntsville …

Read More »

本日より世界選手権テレビ生中継が始まります

野々村笙吾

本日よりフジテレビ系列にて世界選手権の生中継が始まります。 まずは男子団体決勝から。 日本は予選を2位で通過しています。 悲願の金メダルなるか!? 午後7:00から11:03まで。最大で11:48までの延長もある模様です。 体操世界選手権2014 – フジテレビ

Read More »

G.N.eyes

世界選手権・アジア大会 日本代表強化合宿 試技会風景 2014 [Best_Wordpress_Gallery id=”10″ gal_title=”G.N.eyes”]

Read More »

【速報】初出場の内村周子が女子2部50代で1位ー第47回全日本シニア選手権2日目

2014シニアー内村周子;平均台

第47回全日本シニア体操競技選手権大会2日目が14日に北九州市立総合体育館で行われた。開催されたのは男子2部の前半と女子2部である。 注目された内村航平の母、内村周子(スポーツクラブ内村)は初出場ながら50代(ベスト2種目)で堂々の1位に輝いた。平均台の演技では会場内のすべての視線を集め、館内は静まりかえった。モスクワ及びストラスブール世界選手権元代表の沢木綾子(ルーデンス・スポーツクラブ)は0.050差で2位だった。 30代(ベスト3種目)の1位には江里口奈緒(藤村クラブ)が、40代(ベスト3種目)の1位には竹鶴奈奈(ルーデンス・スポーツクラブ)が、60代(ベスト2種目)の1位には鈴木和代( …

Read More »

【速報】第47回全日本シニア体操競技選手権大会(2014)1部の結果

2014シニアー内村春日

第47回全日本シニア体操競技選手権大会(旧社会人選手権大会)1部が13日に北九州市立総合体育館で行われた。 男子団体は5チームで争われ、KONAMIが2位の徳州会体操クラブに11.800の大差をつけて優勝した。女子団体は2チームの参加で、優勝は朝日生命、2位が相好体操クラブとなった。 男子個人総合は世界選手権代表の内村航平(KONAMI)が92.250で優勝し好調さをアピールした。2位は1.250差で同じく世界選手権代表の田中佑典(KONAMI)だった。3位には齊藤優佑(徳州会)が、4位には岡村康宏(朝日生命)が入った。 女子個人総合は世界選手権代表の美濃部ゆう(朝日生命)が貫禄の優勝、2位は …

Read More »

2014/9/2 男子強化合宿試技会取材レポート

加藤凌平ー20140902男子試技会

9月2日、味の素ナショナルトレーニングセンターで、世界選手権代表選手およびアジア大会代表選手の試技会が行われた。 試技会は世界選手権代表選手、世界選手権リザーブ選手、アジア大会代表選手の3グループがローテーションして6種目演技する形式で行われ、世界選手権代表選手は団体予選を想定し、ゆかからのスタートとなった。 取材陣と関係者だけが見守る中、試合を想定した構成で演技し、審判による採点も行われる。 その採点は試技会と言えど手加減など微塵も感じさせず、ミスはミスとしてしっかりと減点される。 アジア大会代表選手の演技はEスコアとDスコアを公表するが、世界選手権代表選手については、ライバル国対策のためE …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.6

野々村笙吾

第53回NHK杯体操男子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。 [Best_Wordpress_Gallery id=”7″ gal_title=”第53回NHK杯体操男子2014″]

Read More »

【速報】第53回NHK杯体操 男子

2014NHK杯:野々村笙吾

第53回NHK杯の男子の競技が6月8日代々木第一体育館で行われた。 ゆかの1本目のシリーズでのラインオーバーや、あん馬のフロップでの落下で不調かに見えた内村航平(KONAMI)だったが、つり輪から調子を取り戻して6種目合計で90.450を出し6連覇を果たした。 2位は野々村笙吾、3位は加藤凌平(どちらも順天堂大学)で、それぞれが試合前会見で「現順位維持で世界選手権代表入り」と宣言した通りの結果を出した。 4位は鉄棒で16.000の最高得点を出した田中佑典(KONAMI)だった。 また山室光史(KONAMI)はあん馬のセア倒立での落下や、鉄棒のアドラーでの停滞がひびき14位に終わった。

Read More »

【速報】第53回NHK杯体操 男子公式練習・会見

2014NHK杯公式練習:武田一志

第53回NHK杯の男子公式練習・会見が6月6日代々木第一体育館で行われた。 すでに世界選手権代表の座を手にしている内村航平(KONAMI)を含めた36人の選手が、それぞれのペース配分ややり方で最後の調整に取り組んだ。 一見、和気藹々としたリラックスムードを醸しだしながらも、時折見せる鋭い目線は、戦いの始まりを感じさせる公式練習だった。 記者会見では、持ち点2位の野々村笙吾と3位の加藤凌平(共に順天堂大学)が、共に世界選手権代表の座を第一に掲げ、難度構成を落としてでも現在の順位を死守する姿勢を見せた。 また僧帽筋の痛みを「半分、気合いで治した」内村航平は、「世界選手権でやりたい構成ができないのは …

Read More »

カメラマンが見たそれぞれの戦いVol.4

第68回全日本体操個人総合選手権男子2014 ファインダー越しに見える選手達のドラマ・・・・ 勝利した選手、有名な選手だけでなく試合会場には沢山のドラマがあります。 カメラマンが独自の視点で選んだ一枚一枚の写真から そんな”ドラマ”を感じて頂ければと思います。 [Best_Wordpress_Gallery id=”12″ gal_title=”第68回全日本体操個人総合選手権男子2014″]

Read More »