Home / Tag Archives: 土橋ココ(Koko Dobashi)

Tag Archives: 土橋ココ(Koko Dobashi)

【速報】インターハイ予選2日目

ゆかの演技に臨む橘汐芽

2017年8月3日、昨日に引き続きインターハイ予選の2日目が酒田市国体記念体育館(山形県)で行われた。     男子団体では日体大荏原高校(東京都)が予選3位通過となった他、鯖江高校(福井県)が5位で予選通過した。     男子個人総合ではつり輪以外の5種目でバランスよく得点を伸ばした橘汐芽(松蔭高校;東京都)が8位で予選通過した。       予選9位の大久保圭太郎(鯖江高校;福井県)は跳馬でロペス(D5.6)を成功させ、男子予選全演技で唯一の15点台である15.050を叩き出した。またつり輪でも最高得点の14.150を出 …

Read More »

【速報】インターハイ2016決勝 女子結果

団体総合を制した戸田翔陽

一方、女子の決勝も熾烈を極めた。各チームの各選手が各々の役割を果たし着実に得点を積み重ねていく。   そんな中、団体総合、個人総合とも上位と目された土橋ココ(名経大市邨;愛知)が平均台で痛恨の落下。順位を大きく下げた。   それを尻目に戸田翔陽(埼玉)がミスを抑えた演技で試合を有利に運ぶ。東京学館(千葉)もそれに追いすがる。   最終的に団体総合を制したのは戸田翔陽だった。2位が東京学館、3位に日大高(神奈川)が入った。名経大市邨は4位、四天王寺(大阪)は5位だった。   個人総合は戸田翔陽の小池亜優が制した。2位が畠田瞳、3位に花島なつみが入った。 & …

Read More »

【速報】インターハイ2016予選2日目 結果

2016年8月4日、島根県立体育館(竹本正男アリーナ)でインターハイ予選第2日目が行われた。   男子は午後の7班に清風高校(大阪府)が登場するとずば抜けた高難度の演技で会場を沸かせた。山根直記は今大会で初のG難度であるカッシーナを鉄棒で成功させた。その後のコールマン(F)で惜しくも落下し得点は伸びなかったものの、つり輪では国内トップ選手顔負けの力技を連発、他の4種目でも力強い演技で高校生の可能性を見せつけた。   また春木三憲はつり輪で今大会最高得点の15.400を出すと、次の跳馬では質の高いロペス(D6.0)を決めるなどシニアでも通用する演技を披露し、湯浅賢也(市船橋) …

Read More »

インターハイ2016予選直後、土橋ココに独占インタビュー

土橋ココ

インターハイ2016予選を終えた直後の土橋ココ選手(名経大市邨;愛知県)に決勝に向けての意気込みや、今後の大会、来年に向けての取り組み等を聞きました。   INTERVIEW : Masaru “TAROKEN” Maeda VIDEO:Sohta Kitazawa

Read More »

GymnasticsNews Radio Show 新年度あの選手はどこに?高校選抜〜金沢ってうどんなの?

GymnasticsNews Radio Show

GymnasticsNews Radio Show 2016/3/29 ○高校選抜結果 ○全日本個人総合 ○新年度、あの選手はどこに? ○セントラルスポーツ体操競技部が発足…野々村笙吾と今林開人が加入 ○塚原直也が引退会見 【動画のコーナー】 前田航輝の鉄棒:2016ヒューストン国際ジュニア大会(1/15-16) 小池亜優のゆか:2014イエーゾロ杯 Podcast: Download

Read More »

【速報】第32回全国高等学校体操競技選抜大会2016結果

湯浅賢哉と土橋ココ

2016年3月21日、石川県は金沢市総合体育館で第32回高校選抜大会が行われた。   毎年、3年生が卒業した後の時期に行われるこの大会は1・2年生のみのフレッシュな顔ぶれで行われる。しかしながら男子に関しては2週間後に行われる全日本個人総合の出場権もかかっているだけに、この試合にかかる熱量は計り知れない。   熱戦を制したのは湯浅賢哉(市立船橋高校)だった。持ち前の安定感を発揮し、つり輪以外の5種目で14点台を揃えての優勝だった。 2位は0.3点差で谷川翔(同)だった。3位にはつり輪と跳馬でこの日の最高点を出した春木三憲(清風高校)が入った。 4位は山田元大(市立船橋高校) …

Read More »

G.N.eyes ロールバック2015 Vol.2

2015国際ジュニア男子表彰

国際ジュニア体操競技大会 2015

Read More »

【速報】豊田国際2日目

ファン・ティ・ハ・タインのゆか

2015年12月13日、昨日に引き続き豊田国際体操2日目が愛知県・スカイホール豊田で開催された。   最終日の2日目は男子跳馬、平行棒、鉄棒及び女子平均台、ゆかの種目別が行われた。 男子では日本から跳馬に白井健三(日本体育大学)、小倉佳祐(早稲田大学)が、平行棒と鉄棒には田中佑典(コナミスポーツクラブ)と加藤凌平(順天堂大学)が出場した。   跳馬は2本ともEスコアで高得点をマークした白井健三が優勝した。2位はベトナムのレ・タイン・トンだった。小倉佳祐は1本目のロペスで着地マットの外に飛び出てしまい転倒、2本目はまとめたものの5位に終わった。 平行棒は田中佑典の優勝だったが …

Read More »

【速報】2015国際ジュニア体操競技大会最終日 結果

2015国際ジュニア鉄棒の表彰

2015国際ジュニア体操競技大会の種目別決勝が9月23日、横浜文化体育館で行われた。   男子ゆかはかかえ込みルドルフ(後方2回宙返り2回ひねり;E)などの大技を盛り込んだジャルニ・レジーニ・モーラン(イギリス)が優勝した。2位に個人総合優勝者の中川将径(習志野高体操クラブ)が入った。3位は中国のユエ・マだった。   あん馬は僅差でジンギュアン・ツォウ(中国)の優勝だった。谷川翔(市立船橋高校体操クラブ)は0.05点差で惜しくも2位となった。   つり輪は中国の圧勝だった。シニアでも通用するような構成で14.850を叩き出し優勝したジンギュアン・ツォウを筆頭にワン …

Read More »

【速報】2015国際ジュニア体操競技大会1日目 結果

2015国際ジュニア男子

2015国際ジュニア体操競技大会の男女個人総合及び種目別予選が9月22日、横浜文化体育館で行われた。     男子個人総合は中川将径(習志野高校体操クラブ)が6種目通してミスのない演技で、国際大会初出場ながら初優勝を飾った。   2位は北村郁弥(大泉スワロー体育クラブ)で日本のワンツーフィニッシュとなった。   中国は中水平を軸に置いた構成でつり輪に臨むなどジュニアとは思えない力強さを見せたが、あん馬や鉄棒での落下が響き6位に終わった。   湯浅賢哉(市立船橋高校体操クラブ)は肩の怪我もあり、平行棒にミスが出て実質4位の得点に終わった(国際大会 …

Read More »