Home / Tag Archives: 宮川紗江(Sae Miyakawa) (page 5)

Tag Archives: 宮川紗江(Sae Miyakawa)

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 男女決勝

加藤凌平

第69回全日本体操競技選手権大会3日目の26日(日)、男女決勝が東京・代々木第一体育館で行われた。 男子は内村航平(KONAMI)が史上初となる8連覇を達成した。 「これまでにないくらい、朝起きた時に気持ちが上がってこなかった」と会見で語った内村ではあったが、一部の種目で難度を落としたものの、終わってみれば大過失なく乗り切っての優勝だった。 2位には田中佑典(KONAMI)が滑り込んだ。予選3位の加藤凌平(順天堂大)との持ち点の差はわずか0.05。1種目目のゆかでは両者とも15.400と全くの互角だったが、2種目目のあん馬で加藤があっさりと逆転。 跳馬では田中佑典がドリッグス(伸身カサマツとび …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 女子予選&男子種目別トライアル

笹田夏美

昨日に引き続き、第69回全日本体操競技選手権大会の女子予選および男子種目別トライアルが、25日(土)東京・代々木第一体育館で行われた。 女子予選1班では鶴見虹子(日体大)の演技が群を抜いていた。得意の段違い平行棒で14.900の高得点をマークすると、続く平均台でも14.900。他の2種目もミスのない演技で、1班終了時点では暫定2位の桒嶋姫子(戸田市スポーツセンター)に4.0の大差を付けての暫定1位となった。 2班が終わっても鶴見虹子の暫定1位は揺るがないが、暫定2位に内山由綺(スマイル体操クラブ)が入った。平均台のバク宙で落下があったものの、得意の段違い平行棒で鶴見を上回る15.400を叩き出 …

Read More »

【速報】第69回全日本体操競技選手権大会2015 会場練習&記者会見〜その2

永井美津穂

岸根高校から日本体育大学に進学し、環境の変化を糧にしてさらに進化した白井健三。練習時間が十分に取れるようになり、体つきもたくましくなった。 「大勢の仲間がいて楽しく練習できる」と嬉しそうに語る白井健三。「ゆか、跳馬以外に見て欲しい種目は?」との問いかけには「平行棒」と答える。 昨年のスイスカップでは体操の楽しさをあらためて学んだという。内も外も一回り大きくなった白井健三の演技は、今年も楽しみだ。 野々村笙吾(順天堂大)は今年も怪我を越えての挑戦になる。以前から痛めていた肩が治った頃に平行棒のティッペルトで左中指の靱帯を痛め、鉄棒ではアドラーでふっとび尾てい骨を怪我。しかし全日本には何とか間に合 …

Read More »

【速報】第68回全日本体操種目別選手権大会 女子決勝の見所

体操における女子の年齢層は非常に若い。今年の全日本種目別選手権でも14歳ながら決勝へと駒を進めた選手がいる。その選手たちは世界選手権へ出場はできない。だが世界選手権への切符は、種目別選手権で優勝しなくては手に入らない。女子の種目別決勝においてはこの事実が非常に重要なポイントとなる。 跳馬で1位通過を果たした宮川紗江(セインツ体操クラブ)は1999年生まれの14歳。世界選手権への出場権を持たない。2位通過の村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)は96年生まれの17歳。昨年の世界選手権に出場し、自信を深めているだけに次こそは世界で結果を残すため、出場権は確実に手にしたい。いや、しなくてはいけない存在だ。さ …

Read More »